エッセイぽい記事記事一覧

急速な経済成長を遂げた日本。私たちの生活は便利になり、生活が楽になった半面、鉄筋コンクリートにビニールクロス、ステンレスにプラスティックが生活空間を覆い、情報化社会の到来によって大人だけではなく、子供たちまで現代病と言われるストレスや心身症を抱える人が多くなりました。そんな中、木材は、人にやさしい感触を持ち、見た目に美しく、木で作られたもののそばに身を置くとストレスはやわらげられ、私たちに安らぎを...

林業の歴史について古代から木造建築をはじめとした木製品が使われていました。遥か昔から人間は林産資源などで森林を使用していて、本格的に始まったのが12世紀からです。戦国時代には、戦国大名の成立に伴って林産資源の採取などが行われていました。材木伐採と製材に携わる人を三造などと呼んでいました。戦国時代から江戸時代に入ると幕府などに御林が作られました。御林は明治時代の新政府に引き継がれました。戦時中には、...

昭和39年、木材の輸入が全面自由化となりました。その影響で今やほとんどの木材たちが輸入に頼っており、日本の林業の発展は終わってしまったと言われています。ただ、たとえ林業が衰退しても日本の森がなくなるわけではない以上、それを管理していかなければならないわけで、常に若い後継者は求められています。それに、決して未来がないわけではないのです。政府では10年後に自給率が50パーセントまで上がることを目標にさ...

以前の日本では林業が盛んに行われていましたが、今は以前ほどの勢いがなくなっています。そのような変化が起こったのは海外からの安い輸入品が原因ですけど、それでも日本の林業は存在し価値を見出しています。この業界の未来がどのようになるのかというと、現状では極端に明るい未来が来る可能性が高いとはいえません。しかしそれなりに成功をする状況はあるので、必ずしも悪いというわけでもありません。今は自然環境に配慮する...

日本の将来に大きな影響を与える高齢化社会の問題は、林業の分野にも多大な影響を与えています。特に大きな問題となっているのが、後継者不足です。現在の林業は、ベテランの高齢者が伐採などの作業をしています。作業員の大半は高齢者となっており、林業に就く若者も少ないです。そもそも林業が盛んな山間部は、全国的に過疎化が進み日本でも高齢化社会が著しい地域です。地元に留まる若者は少なく、新しく入ってくる若い世代もい...

林業は人々の暮らしと自然の調和を両立させる、大切な仕事です。木材は木を伐採する意外に調達する方法はありません。コンクリートが登場して久しい今においてなお、その需要は依然として高いのです。同時に、適切に山の木を伐り倒していくことは、適切な環境を整えることに繋がります。適度に開けた森には、太陽光の恵みを受けて、多様な生態系が保持されるのです。このような知恵は、人間が長い年月をかけて作り上げてきたもので...

1960年には44万人を数えた林業従事者も、2005年になると5万人程度にまで落ち込みました。海外の安価な木材の需要が高まった影響も重なり、現在日本の木材自給率はとても低いものとなっています。従事者の減少は高品質の木材を安定供給する事を困難とし、その結果さらに海外の木材輸入を加速させる結果となりました。日本の林業の衰退は森林の保全という観点からも好ましい問題ではなく、森林が荒廃が拡大するという事は...

日本では非常に多くの木材が使用されています。住宅や家具など、木材がないと生産できないものは非常に多いです。そういった大量の木材は一体どこから調達されているのかご存知でしょうか。日本には森林がたくさんあるので、すべて自給自足できていると考えている人もいるでしょう。しかし実際にはそうではありません。そこで今回は林業と貿易の関係について紹介します。実は日本は木材を海外から大量に輸入しています。輸入先の国...

日本の森林率は67パーセントで、日本は森林大国と言われています。しかし、戦時中や戦後にかけて木材の採取が行われました。そして、山や草原に木が植えつけられ、人工林が造られました。しかし、このようにして造られた人工林が荒れてしまったり、植えてから数十年経過しているにもかかわらず木が細いままのものも数多くあります。また、立ち枯れている木もあり、このような森林では、草も生えず、雨が降ることで、土壌が流出し...

JIS規格について住宅の省エネ性能を高めるためには、アルミサッシや断熱材などによる高気密化が重要になっています。しかし、高気密化によって壁紙の接着剤や接着剤を用いて作られる合板、フローリング、パーティクルボード、集成材、単層積層材(LVL)などの木質製品から「ホルムアルデヒド」という化学物質が出て、部屋の中に充満し濃度が一定以上になると、目がちかちかするとか、鼻・喉に刺激を感じるといった症状が出ま...

日本は神社仏閣などが数多くあることや、地震が頻発している地理的な要因のために、木造建築が発展していきました。しかし、近代になって建物はより手軽で強度もあるコンクリート、鉄筋コンクリートが主流となり、木造建築の需要は大幅に減ってしまったのです。しかも、海外から安い木材が入ってくることで国内での木材価格が下がり、林業が成り立たなくなってしまいました。その結果として廃業する業者が増えてきて、結果として間...

日本では、木造住宅を希望する人が多く、依然として木造住宅は高い人気があります。木造住宅を希望する方の多くの理由は、「心が和らぐ」「健康的」「自由な形状の家が建てられる」などがあります。日本では古くから、優れた建築技術を持ち、数多くの大型の建築物は長い年月を経ても、いまなお、十分に利用されています。日本の気候の特徴は、春・秋は快適ですが、梅雨から夏の高温・高湿が問題とされてきました。このため、日本の...

耐震性について一般的に木造住宅は地震に弱いというイメージがありますが、決して弱くはありません。日本各地に建てられた木造の神社・仏閣が数百年を経ても残存している事実がそのことを物語っています。地震の振動エネルギーは建物の重力に比例するため、重い建物ほど大きく揺れます。しかし、木材は鉄やコンクリートに比べて軽いため、同じ大きさの建物では木造の揺れが一番少ないのです。しかも、木材は曲げの力にも強いのです...

大きくて太い木々を得る事ができるのはアメリカですが、非常に繊細な木材が得られるのはアジア圏であり、中でも近年韓国で得られる木材は世界でも突出して高い品質だとして人気です。ただし、林業について精通している方こそ韓国と林業は最も結びつきが低く感じられてしまいますが、その理由はかねてより韓国はありとあらゆる山々の木々が伐採されてしまい、品質に関係なくそもそも木を得る事ができない状態が継続していたためです...

林地の所有権は個人が存在せず、必ず中国が国家として所有する規則が森林法に明記されています。ですが林業者は個人や国家を含めた各営業団体が存在するので、経営体制が違う事例も存在します。尚国家が運営しているタイプと個人が運営しているタイプとで区別しており、それぞれ公有林業と非公有林業という名所で呼ばれています。現状の管理状態に定着した理由は、中国人口の大量増加で環境悪化が飛躍的に進んでしまった点で、林地...

台湾の林業といえば、非常に日本とにている部分が多く国土の三分の二が山林で覆われています。しかし、台湾の林業はこうしてたくさんあるのにも関わらず国民の関心が低くあまり現状を知られていません。主に、台湾の林業ではパルプが使われており伐採制限はないものの他の樹種はあまり使用されていません。これは、さまざまな制限があることから木材の利用が少ないと言えるのです。また、台湾では建物自体に木材が使用されているこ...

韓国では高層住宅の建築ラッシュが続いているため、内装材としての木材の需要は上昇傾向にあります。木造建築物の着工数も2007年には年間6000棟程度であったものが、2017年には15000棟を超えるまで増加しており、木材市場は活性化の一途を辿っています。しかし、木材の需要が急激に増加しているものの自給率が低く、2017年においても20パーセント前後しかありません。このため、韓国の木材市場ではその大部...

中国はここ10年、目覚ましい経済成長を遂げています。今では名実共に米国に次ぐ経済大国となり、日本の順位を完全に追い抜きました。中国人観光客の増加がここ最近各メディアで話題になっていますが、今最も勢いがある国です。2018年現在でも経済成長率は依然として高い水準を保っています。いわゆる中間層が経済発展の恩恵を受けているのが、ここ最近の特徴で一般家庭な中国人が新しくマイホームを建てたり、住まいの大規模...

国内需要はもとより国外への輸出についても高かった台湾の好調な木材市場に陰りが見え始めたのは2015年の事で、翌年の2016年からは毎年過去最低を更新し続けており、現状も事態が好転するような兆しが見つけられていないのが実情です。このように台湾が過去に例を見ない程木材市場で苦戦を強いられている原因は主に3つあり、それは台湾国内にて低迷し続ける建築の現場と人口減少に伴う住宅の取引数の減少、政権交代による...

広大な敷地面積を有している中国の多くは森林であり、森林において成長している膨大な数の木々は社会問題化している環境汚染の解消と共に、国内経済成長率を高めるといった点でも国を支える重要な役割を果たしています。中国が有する木材に関して特徴的なのは国内需要が高い事のみに限らずに、世界的にも多くの国々から求められていてバランスが安定的であるという事です。一般的に社会が近代化する程木材の需要は減っていくもので...

日本からの外国向けの木材などの輸出量は、約100億円程度の幅で動いていました。約100億円で推移していた数値が増え始めたのは翌年の2013年からのことで、中国や韓国向けの輸出量が急激の増加したことが原因です。2014年以降も輸出量が増え続け、2015年には2012年の約1.3倍となる229億円以上の金額になったのが大きな特徴と言うことができます。数値が増えたのは中国や韓国だけではなく、台湾向けの木...

日本国内では木材価格の低迷が原因となり、木を切っても赤字になると言われ続けていたことから、国内の林業は厳しい状況が続いてきました。しかし、近年になって韓国内での日本の木材を使った伝統家屋の建設がピークになっていることから、日本国内の木材需要が高くなってきている特徴があります。日本国内での木材の生産量は、昭和30年代をピークにして約4分の1にまで生産量が低下していたのですが、近年では徐々に回復の兆し...

韓国の統計庁によれば、韓国内の林業人口の推移は、第二次大戦後の就業率は高く総就業者に占める割合の60%以上を維持してきましたが、次第に下落していき現在では5%程度に落ち着いているとみられています。統計庁では農林水産業で水産と農業林業を一緒にして統計推計を出します。現在働いている人の数は25000人前後であると推計がたてられています。日本の林業人口は総務省統計局によれば48000人前後とされています...

中国の林業人口の推移は減少傾向にあります。これは同国の深刻な環境問題が原因です。世界中でも箸を使う文化のある国は多くありませんが、2018年には木材の購入で日本と中国の関係が逆転する現象も起きています。中国の食文化でも箸を多く使用するため木材が伐採されるように考えられますが、その素材の多くは木材ではなく「竹」が使用されているのです。本来は日本に輸出することを目的として、森林伐採が進められていました...

台湾の林業人口は日本と同じように年々減少傾向で推移しているところが特徴的です。特に最近では、森林の減少が問題になっており、植林を中心に活動しているのです。また、若者の林業に関する関心も低下しているところも注意しなければなりません。台湾の若者のほとんどは、林業のようなブルーカラーの仕事を好まず、オフィスでデスクワークなどの事務作業を希望している傾向にあり、林業人口は減少しています。これらの問題を解決...

中国との木材貿易は今は大きな一つの産業となりつつあります。急拡大を続ける中国の経済を考えれば、ここに多くの木材を輸出する事が日本経済にとってプラスになる事は間違いありません。そしてそのように今は右肩上がりで取引量は多くなっているという現状があります。ですが注意点として中国は専制国家だという事を忘れてはいけません。君主の感情次第でいとも簡単に約束をなかったことにすることが出来るというのがこの国の特徴...

日本の林業にとって韓国との木材貿易は以前から重要な位置を占めていましたが、近年の韓国国内における木造住宅の需要の高まりからより質の高い建築資材を求めて日本産の木材に注目が集まり、日本からの輸出は今後ますます拡大する傾向にあります。2018年2月には韓国最大の住宅資材展示会であるKOREA BUILD 2018が開催されましたが、日本貿易振興機構ジェトロが取りまとめを担当していた日本企業のために用意...

台湾との木材貿易は増加傾向にあり、日本からは材木が輸出されて台湾での木造建築に使用されるというような事も起きていますが、注意点としては今後の成長性という事を考えておくことと、中国との関係性も考えておく必要があるでしょう。台湾は日本に対して有効的なので貿易をする時にもある程度の信頼関係を築きやすいという事がありますが、人口が二千三百万人と日本と比較して規模が小さいという事があります。そして何よりも世...

経済成長が国民所得向上に繋がり、木造住宅の建築を依頼する国民が増えたため、木材の需要が輸入実績の数値で顕著に顕著なのが中国です。中国では住宅の内装に木材を使用する特徴もあり、自国生産だけでは需要を賄えない事情もあります。また中国の場合木材市場の根幹になっている全ての林地が国有管理され、現在は自然保護に重点を置いた政策が施行されている点も原因の一つです。この影響で建築用資材の価格が飛躍的に高騰し、2...

日本は四季がはっきりとしている上に雨量も申し分ないという理由から世界的に見ても木材の品質が高いと評価されていますが、同様に木材市場において高い評価を得ているのが台湾が出荷する木材です。そうした台湾を取り巻く木材市場というのは昨今以前に比べて変化が起こっており、特に顕著なのは台湾の国内における取り扱われ方に関してです。台湾では以前から現在と変わらぬ良質な木材が出荷されていたのですが国内需要はあまり高...

韓国の木材市場の特徴は、経済状況が上昇してきた1990年代以降需要が高まり続けています。木材市場が上昇している理由は、木造住宅の建設が増えたことやリフォームなどで内装の材料に選ばれることが多くなっているためです。韓国国内の木材自給率は、戦争の影響のため大変低いことも大きな特徴になります。韓国政府は木材の自給率を上昇させるため、住宅などの材料に使うことを目標として取り組みを開始しています。戦争後にお...

林業に向いた血液型というものが確定であるわけではありませんが、向いているかどうかはコツコツと長い目で見られる性格の人が向いているという事が言えるかもしれません。ですからA型が良いかもしれません。日本人が林業に向いているといっていいかどうかは分かりませんが、そういう意味では雰囲気としては良いのかもしれない。仕事として考えた時に向き・不向きで考えるよりは、それだけの価値があるのかどうかという事を考えた...

現在の木材市場には様々な問題がありますが、そのひとつが輸送コストです。企業には効果的な輸送コストの削減策を出していくことが求められています。木材は分散されている伐採現場からトラックで運搬されて地域の工場へと運ばれていきます。市場で入札などの工程があった後に再びトラックに積み替えられて製材工場に運ばれます。現状では輸送コストがかさみ、なかなか収益を得ることができない状況です。削減策のひとつが伐採現場...

日本の木材を海外へ輸出している会社では、国内で販売するのとは違って、様々な木材輸出コストが掛かってきます。特に重要なのは変動為替相場の動きです。海外取引先との売買のやり取りで、多くの場合で支払いが米ドルで支払われます。日本円で支払われるといったことはあまり多くありません。海外のクライアントとの取引でお互いがよりメリットのあるように考えます。木材を購入するクライアント側からすれば、為替相場が円安であ...

日本は夏には高温多湿になり冬には乾燥状態になるという特徴から、温度変化や湿度により品質が変化してしまう鉄筋よりも木材の方が住宅建築に用いられる事例が多いです。しかも、木材の方が好まれるのは身近な所で伐採しやすくコストがかからないという事も関係しており、住宅建築の他に家具などにも積極的に使用されています。そのような流通量が多い日本の木材は、世界的に見ても小さな国土の中で様々な種類が得られるというのも...

三重県において森林が有している面積は374ヘクタールにものぼり、県内全域の64.5%も森林が占めている割合になります。内訳を見るとその中で私有地の割合が82.4%になっており人口面積が64.2%、天然林の面積が35.8%で人口面積の天然林よりも上回っているというのが現況です。これまでの三重県で行われてきた林業というのは気候や風土、交通と言った自然条件と社会条件のどちらにも恵まれてきた過去があり、そ...

韓国では1960年代ごろまでは木造の住宅生産が主流でしたが、1970年代以降は都市地域の地価の高騰による住宅難を解消するために、高層のマンションやアパートなどの集合住宅が広く供給されるようになります。元々韓国は住宅用木材の国内自給率が低く、その大部分を海外からの輸入に頼っている背景があるため、木材は住宅の内装材や家具に使用されるケースが高い傾向にありました。しかし、韓国も日本と同様に少子化・小世帯...

日本から台湾向けの木材輸出量は、2013年頃まではあまり多いとは言えませんでした。木材輸出量が増え始めてきたのは2013年頃からで、中国や韓国と同様に前年度よりも増加しています。木材需要が台湾国内で急増した理由は、木造建築数が増えてきているためです。木材輸出量は2013年以降も増え続けていき、2015年には約21億円という数値まで達成することができています。2012年の木材輸出量は約10億円程度で...

木材市場は、かつては一般的な消費者に対して商品を供給する機会はほとんどなく、建築会社などの法人に向けて卸すことがほとんどという性質の商品を取り扱っているため、一般的な消費者に対して商品を販売することに適しているネット通販という販売形態はメリットが少ないという理由で薄い関係性しかありませんでした。しかし、近頃はDIYなど個人のレベルで、ある程度簡易的な木工作業を行われることが増えてきていてホームセン...

近年のホームセンターなどは以前に比べ著しく材木・木材の取扱量が増加傾向にあり、まるで倉庫のような様相になっていますが、やはり小売店という特性上面積と取り扱い可能な種類には限りが生じてしまいます。そこで、小売店では実現できないほどの多種多様な材木・木材が取り扱いできるとして人気を集めているのが通販事業であり、実店舗が存在しないからこそ事業資金を品揃えなどに集中させる事ができるため、下火が続く材木・木...

近年ではインターネットの普及によって、木材・材木販売においても通販が行われています。ただし、通販の実際に見て確認できないという特性上から、木材・材木に関しても同様の注意点を考慮する必要があるのです。例えば、最も大きな懸念点として、基本的に取り扱う商品は一点ものだということです。天然の木にはそれぞれ木目が異なるため、写真で商品のイメージを表示していた場合でも模様が違うことは避けられない問題になります...

林業、およびそこから伐採された木材を扱う木材市場といえば「重たい丸太を担いで歩く、たくましい男たち」といったイメージがこれまでは一般的でした。もちろん、サービス業など第三次産業に比べればまだまだ圧倒的に男性の比率が高い分野ではあるのですが、近年になって少しずつ女性の進出が始まっているのです。女性がこの木材市場に進出してきた理由としては、社会全体で女性の雇用が増えて「働く女性」の絶対数が増えたことに...

木材市場は閉鎖が多く対策をしっかりととらなければ、その流れに飲まれてしまうことになります。対策をとるためには、なぜ木材市場が閉鎖をしていくのかということから考える必要がありますが、理由のひとつは需要が減っているためです。木材の需要が完全になくなってしまうことはありませんが、現代は建物を建てる時には鉄筋コンクリートが基本となりますから木材の使用は限定的なものとなっています。木材が最も多く使われてた部...

日本では地方の建設業者が農業や林業に参入するケースが多くなっていますが、人材不足は相変わらずです。慢性的な人材不足を解消しようとする試みは帰農と帰林業の接点のひとつです。テレビなどで活躍する芸能人が田舎に家を購入して農業を行うケースも増え、昔に比べると気軽に帰農できる環境が整っています。現在はどのような農家でも機械化が進んでいるため、仕事の半分を農業にする生活も可能です。最近はスマート林業も注目さ...

ドラえもんから夢想する30世紀の木材市場は木材を今以上に簡単に保管をすることが出来るようになる所です。ドラえもんが居るような30世紀の木材市場は輸送技術も大きく発展しており、保管技術に関しても大きく向上しているものと考えることが出来ます。今までに比べるとコストパフォーマンスも大きく向上しており、今まで木材市場に興味がなかった方も興味を持つことが出来る素晴らしいものになっている事を期待することが出来...

かつてに比べ建築技術が向上しているため、様々な素材を採用しても素材の差異によりデザインが左右されてしまうといった事が少なくなっており住宅建築における柔軟性が向上していますが、相変わらず日本国内にて建築される住宅の割合としては木造建築数が多いという特徴があります。その割合は全体の割合でおよそ55%にもなり、55%という割合の中には鉄筋コンクリートや鉄骨で作られる集合住宅も含められているので、抽出して...

みなさんは中国の建物をイメージするときコンクリート製のレンガ造りのものをイメージするのではないでしょうか。そのイメージ通り日本の主流である「木造建築」は中国にはあまりなく、コンクリート製のものが現在でも主流です。その最大の理由は、中国の空気の悪さが原因と言われています。空気が悪く自然環境の状態が決して良くない中国では大量の木材の入手が困難だったためです。更に、人口が密集しているため、防火性の高いコ...

江戸時代の木材市場の重要性は非常に高く、現代よりも価値は高いものでした。規模で見れば日本のみならず世界中で展開している現代のほうが大きいものがありますが、活気の点で言えば江戸時代の木材市場事情のほうが数段に上だったと言えるでしょう。当たり前のことですが、江戸時代はコンクリートがありませんし鉄が豊富にあるわけでもありません。それだけに建物を建てる時には木材が中心となりますから、木材の需要というのは極...

戦争と木材市場とは昔から大きな関係性がありました。他国で戦争が起きると、とにかく木材は必須のものとなるのでどんなに高くても出来るだけ多くの木材を入手しようと戦争当事国は考えてどんどんと木材を買い集めるという事をするので、一気に活性化するという事があったのです。また、戦争が終了すると被災地で戦後の復興作業に木材は欠かすことが出来ないという事で一気に需要が急増するという事がありました。特需といってもい...

黎明期のように趣味性が高いものからインフラの一つとして根付いたインターネットは、その特性により高度情報化社会をもたらしました。急速にあらゆる面に波及したインターネットによる恩恵は既に全てのカテゴリに行き届いたと考えられる事も少なくないのですが、実はまだ高度情報化社会の波及効果が行き届いていない面として林業があります。林業は古くから存在している職業であるが故に、既に方式が固定化されているため高度情報...

林業は儲かるような商売ではありませんから、それだけで一攫千金を狙うというのは簡単なものではありません。更にどちらかというと斜陽産業であることから、一攫千金の可能性となると尚更厳しいものがあります。どのような業種にも旬の時期があり、それをすぎると業界全体が縮小していくことになりますから、ピークの時期を過ぎている林業は一攫千金を狙うには厳しい業種だと言えます。ただし、一攫千金を狙おうとするのはすべての...

木材関係でお勧めのインターネットニュースはありますか?インターネットを見ておりますと色々なニュースサイトがありますが、やはり更新頻度の高い「日本木材新聞社」さんと「林業ニュース」さんが宜しいかと思います。その他、SNS(Twitter/Facebookなど)でも、ほぼ毎日情報更新されている会社様がありますので、こまめに検索・チェックなされることをお勧めいたします。→日本木材新聞社公式サイトはこちら...