AI(ビッグデータ)が木材市場に与える影響(2019)

同じくITという区分で取り扱いがされているものの、従来のIT技術とは似て非なるものがAIであり、最も大きな差異点は従来のIT技術はプログラマーなどが既存の既存のデータを元にしてプログラムを組み、組み立てられたプログラムに則ってアルゴリズム処理が行われるのに対し、AIは自らがまるで意思を有しているようにして処理を進めていく事です。
まるで意思を有しているようにして処理を進めていくからこそ人工知能と呼ばれる所以であり、定められた処理のみを粛々と行っていくのではなく、環境や状況により臨機応変に処理を変化させていくため、あらゆる分野にて変革を起こすきっかけとされています。
当然の事ながら木材市場についてもAIの導入が本格化していますが、数多く存在している市場の中でも木材市場とAIの相性は優れているという事実も明瞭になっています。
日本は世界的に見ると国土が広いとは言えない方であり、周囲が海に囲まれている島国なので本来であれば木材の育成には難しい状況下に置かれているのですが地形や土壌、先人達の努力と工夫により優れた木材を得る事ができ、古くから世界各国に向けて輸出してきました。
日本の木材は品質に優れているとして輸出先はもちろん、その他の国々からも高評価を得て次々と輸出先が広がり国を支える一大産業になりましたが、高齢化により相変わらず良い木材が育成されているのにも関わらず、輸出できないというジレンマに陥っています。
そのような職人の高齢化と若年層の減少により技術と知識の伝承というサイクルが円滑に行わなくなり、木材市場全体の縮小にますます影響する恐れが懸念されていますが、打開策として注目を浴びているのがAIの活用です。
AIは自らが状況や環境を判断し柔軟な判断を下すからこそ、まるで熟練の職人の指導を得ているような判断を仰ぎながら比較的活動歴が短い方でもより良い木材の伐採が行えるようになり、木材市場の衰退を防ぐ事に繋げられます。