林業に関する一般的記事→記事一覧

林業の歴史について古代から木造建築をはじめとした木製品が使われていました。遥か昔から人間は林産資源などで森林を使用していて、本格的に始まったのが12世紀からです。戦国時代には、戦国大名の成立に伴って林産資源の採取などが行われていました。材木伐採と製材に携わる人を三造などと呼んでいました。戦国時代から江戸時代に入ると幕府などに御林が作られました。御林は明治時代の新政府に引き継がれました。戦時中には、...

昭和39年、木材の輸入が全面自由化となりました。その影響で今やほとんどの木材たちが輸入に頼っており、日本の林業の発展は終わってしまったと言われています。ただ、たとえ林業が衰退しても日本の森がなくなるわけではない以上、それを管理していかなければならないわけで、常に若い後継者は求められています。それに、決して未来がないわけではないのです。政府では10年後に自給率が50パーセントまで上がることを目標にさ...

以前の日本では林業が盛んに行われていましたが、今は以前ほどの勢いがなくなっています。そのような変化が起こったのは海外からの安い輸入品が原因ですけど、それでも日本の林業は存在し価値を見出しています。この業界の未来がどのようになるのかというと、現状では極端に明るい未来が来る可能性が高いとはいえません。しかしそれなりに成功をする状況はあるので、必ずしも悪いというわけでもありません。今は自然環境に配慮する...

日本の将来に大きな影響を与える高齢化社会の問題は、林業の分野にも多大な影響を与えています。特に大きな問題となっているのが、後継者不足です。現在の林業は、ベテランの高齢者が伐採などの作業をしています。作業員の大半は高齢者となっており、林業に就く若者も少ないです。そもそも林業が盛んな山間部は、全国的に過疎化が進み日本でも高齢化社会が著しい地域です。地元に留まる若者は少なく、新しく入ってくる若い世代もい...

日本では非常に多くの木材が使用されています。住宅や家具など、木材がないと生産できないものは非常に多いです。そういった大量の木材は一体どこから調達されているのかご存知でしょうか。日本には森林がたくさんあるので、すべて自給自足できていると考えている人もいるでしょう。しかし実際にはそうではありません。そこで今回は林業と貿易の関係について紹介します。実は日本は木材を海外から大量に輸入しています。輸入先の国...

日本は神社仏閣などが数多くあることや、地震が頻発している地理的な要因のために、木造建築が発展していきました。しかし、近代になって建物はより手軽で強度もあるコンクリート、鉄筋コンクリートが主流となり、木造建築の需要は大幅に減ってしまったのです。しかも、海外から安い木材が入ってくることで国内での木材価格が下がり、林業が成り立たなくなってしまいました。その結果として廃業する業者が増えてきて、結果として間...

日本の森林率は67パーセントで、日本は森林大国と言われています。しかし、戦時中や戦後にかけて木材の採取が行われました。そして、山や草原に木が植えつけられ、人工林が造られました。しかし、このようにして造られた人工林が荒れてしまったり、植えてから数十年経過しているにもかかわらず木が細いままのものも数多くあります。また、立ち枯れている木もあり、このような森林では、草も生えず、雨が降ることで、土壌が流出し...

急速な経済成長を遂げた日本。私たちの生活は便利になり、生活が楽になった半面、鉄筋コンクリートにビニールクロス、ステンレスにプラスティックが生活空間を覆い、情報化社会の到来によって大人だけではなく、子供たちまで現代病と言われるストレスや心身症を抱える人が多くなりました。そんな中、木材は、人にやさしい感触を持ち、見た目に美しく、木で作られたもののそばに身を置くとストレスはやわらげられ、私たちに安らぎを...

JIS規格について住宅の省エネ性能を高めるためには、アルミサッシや断熱材などによる高気密化が重要になっています。しかし、高気密化によって壁紙の接着剤や接着剤を用いて作られる合板、フローリング、パーティクルボード、集成材、単層積層材(LVL)などの木質製品から「ホルムアルデヒド」という化学物質が出て、部屋の中に充満し濃度が一定以上になると、目がちかちかするとか、鼻・喉に刺激を感じるといった症状が出ま...

日本では、木造住宅を希望する人が多く、依然として木造住宅は高い人気があります。木造住宅を希望する方の多くの理由は、「心が和らぐ」「健康的」「自由な形状の家が建てられる」などがあります。日本では古くから、優れた建築技術を持ち、数多くの大型の建築物は長い年月を経ても、いまなお、十分に利用されています。日本の気候の特徴は、春・秋は快適ですが、梅雨から夏の高温・高湿が問題とされてきました。このため、日本の...

耐震性について一般的に木造住宅は地震に弱いというイメージがありますが、決して弱くはありません。日本各地に建てられた木造の神社・仏閣が数百年を経ても残存している事実がそのことを物語っています。地震の振動エネルギーは建物の重力に比例するため、重い建物ほど大きく揺れます。しかし、木材は鉄やコンクリートに比べて軽いため、同じ大きさの建物では木造の揺れが一番少ないのです。しかも、木材は曲げの力にも強いのです...

林業に向いた血液型というものが確定であるわけではありませんが、向いているかどうかはコツコツと長い目で見られる性格の人が向いているという事が言えるかもしれません。ですからA型が良いかもしれません。日本人が林業に向いているといっていいかどうかは分かりませんが、そういう意味では雰囲気としては良いのかもしれない。仕事として考えた時に向き・不向きで考えるよりは、それだけの価値があるのかどうかという事を考えた...

日本では地方の建設業者が農業や林業に参入するケースが多くなっていますが、人材不足は相変わらずです。慢性的な人材不足を解消しようとする試みは帰農と帰林業の接点のひとつです。テレビなどで活躍する芸能人が田舎に家を購入して農業を行うケースも増え、昔に比べると気軽に帰農できる環境が整っています。現在はどのような農家でも機械化が進んでいるため、仕事の半分を農業にする生活も可能です。最近はスマート林業も注目さ...

黎明期のように趣味性が高いものからインフラの一つとして根付いたインターネットは、その特性により高度情報化社会をもたらしました。急速にあらゆる面に波及したインターネットによる恩恵は既に全てのカテゴリに行き届いたと考えられる事も少なくないのですが、実はまだ高度情報化社会の波及効果が行き届いていない面として林業があります。林業は古くから存在している職業であるが故に、既に方式が固定化されているため高度情報...

林業は儲かるような商売ではありませんから、それだけで一攫千金を狙うというのは簡単なものではありません。更にどちらかというと斜陽産業であることから、一攫千金の可能性となると尚更厳しいものがあります。どのような業種にも旬の時期があり、それをすぎると業界全体が縮小していくことになりますから、ピークの時期を過ぎている林業は一攫千金を狙うには厳しい業種だと言えます。ただし、一攫千金を狙おうとするのはすべての...

林業は森林を育成し維持しながら、木材を切り出し、これを経済的に利用する産業を意味しています。狭義では、木の育成から立ち木の販売までを林業とする場合と製材業や木材を原材料とする様々な諸工業を含めて林業とする場合もあります。森林面積では国土が広い国が上位になりますが、国土が狭い我が国日本は森林率では世界第2位になっています。国土の森林面積が広い国として上げられるのは、ロシア、ブラジル、カナダ、アメリカ...

近年では地球環境の顕著に感じられるほど明らかに自然環境が変化している事に気付かされている現代人は多く、そのような変化は各地で見られるこれまでには起こらなかったあらゆる問題からも知る事ができます。特に発生する台風については全てにおいて従来の大きさを上回っている大型台風が一般的になっており、規模が大きいが故に各所にもたらす台風の爪痕も悲惨な状態になっています。特に直接的な大きな被害を受けてしまうのが林...

現代の生活を成り立たせるために欠かす事ができない電気が民営化され、既存の電気会社の他にIT企業なども取り組みを始めるようになりましたが、先駆けて行われた電気の民営化のような事柄が水道においても行われようとしており、水道民営化が実現されるのも時間の問題と捉えられています。ただし、2018年の7月22日に終了した国会では水道民営化について取り上げられ議論されたものの、今国会においては成立が見送られ審議...

自然環境なども目的として、各地で植樹作業を据え埋めていることが大きな特徴です。第二次正解大戦後に日本国内は、たいへんな木材不足に悩まされていました。住宅などを建築する時に木材は必要な材料で、植樹によって不足している材料を補うことができるようになったこともメリットです。大気汚染などにより地球温暖化なども大きな問題になっていますが、植樹作業を進めていくと森林を増やしていくことができます。緑の多い森林を...

計画停電があると様々な施設の営業に影響が出ます。電力を安定して供給するには電気の消費量と発電量のバランスを常に一致させる必要があります。バランスが崩れてしまうと発電機や様々な機器にも悪影響が出ます。24時間365日発電量をコントロールして需給バランスを維持することで、トラブルを避けることができています。震災などが発生して設備が壊れてしまうと、発電量のコントロールができなくなり広い範囲で大規模な停電...

日本全国には森林などが多く点在しているため、定期的な手入れ作業などが必要となります。国土全体の約70%以上もの広大な広さがあるため、林業関係では人材を広く募集しているのが特徴です。林業関係に就職を希望している場合は、大きく分けると3つの方法から選ぶことができます。日本全国には森林組合というものがあり、山間部を始め多くの現場で働くのが仕事の中心です。二つ目の方法が、国や地方自治体や民間企業などが共同...

製品として成り立つ育ち方をしていて出荷をするのに相応しい木々に対し、高速で回転するチェーンソーを当てて巨木をなぎ倒していく林業という仕事は言うまでもなく常に危険と隣合わせで、道具などが要因となり重傷を負う事は珍しくなく、命を落としてしまう事例も多々あります。しかも、自然の山深い環境下で長時間にわたって仕事に励むので、伐採を実行するために使用する道具やなぎ倒した木とは全く無関係の事柄が要因となり怪我...

木材価格の低迷により日本の林業も衰退の一途を辿ってきました。山林の持ち主は「荒れた山から木材を切り出しても欲しがる人はおらず赤字になるだけ」と言われ、厳しい状況が続いてきています。しかし、今ニッポンの林業に復活の兆しが見え始めています。九州の港でニッポンの木材を大量買いする海外のバイヤーの姿を目にしたり、ニッポンの木材を使用した伝統家屋の建設が海外で人気急上昇というのです。ニッポンの林業の現場では...

日本の祭りと林業の関係は密接にあります。林業を知ってもらう為に林業を主役として祭りが行われている状態です。林業の良さがわかるような祭りを日本では数多く開かれており、子どもでも日本の祭りに参加をすることで林業の良さや内容を知ることが出来ます。木を題材とした物を祭りに取り入れて遊ぶことが出来るようにしている所が多いので、遊びながら林業の事を知ることが出来るようになっています。林業は主に肌に触れて実感す...

国土の多くが森林となっている日本では、かつては林業が盛んでした。しかし海外から安い木材が輸入されるようになり、その地位を奪われていまい衰退してしいました。現在では海外の木材は高騰して国産の木材のほうが安いのに、売れないという悲しむべき状況になっています。そこで林業復活をするための秘策(2018)として出来ることとして注目されているのが森林バンクです。戦後林業が衰えてしまったことは、適切に森林を管理...

林業における新卒採用の動向は芳しいものではありません。まず、第一に林業自体が斜陽産業であるということもあり、これから先業界が大きく発展していく見通しも立ちませんから、そのような状況でなかなか新しい人を雇い入れるというのは難しいものです。全ての企業が苦しんでいるわけではないにしても、余裕があるのはごく僅かであり、その一部にしても先行きが不安なところがありますから人の採用に関しては新著にならざるをえな...

近年、温暖化対策として脱化石エネルギーの必要性が叫ばれており、その一環で再生可能エネルギーである太陽光発電や風力発電が注目されています。こうした再生可能エネルギーの比率を高める事は必要ですが、火力発電の燃料を石油や天然ガスや石炭と言った化石エネルギーから転換を図る事も重要です。それが木質バイオマス発電です。木質バイオマスは、主原料として森林資源である樹木を活用するもので、燃焼時には二酸化炭素を排出...

東京オリンピックでは、国内の林業を盛んにしようということも目的としているのが大きな特徴です。メイン会場となる新しく建築されている国立競技場は、材料に多くの木材を使用する設計になっています。これ以外の多くの施設にも、木材を使うことが発表されていることも東京オリンピックの特徴の一つです。世界中の人々から注目を集めるオリンピックのメイン会場ですが、その建築材料に木材が使用されることでさらに多くの人からの...

科学技術の開発や研究などによって人々の生活は時間の経過と共に利便性が高くなり、地球から採取されるさまざまな資源を活用することによって人類は生活の快適性を高め続けてきました。特に産業革命移行は石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を採取して大量に燃焼することでさまざまなエネルギーに変換してきたのです。その結果温暖化ガスの濃度が急激に上昇して、地球温暖化が急激に進み続けてきた事実を生み出してしまいました。...

地震と造成林は深い関係にあります。造成林がある場所の地面が弱い所に地震が来てしまうと大きな被害が出る可能性もあります。特に造成林は多くの場所にありますので、近くに住んでいる方は地震が起きた際に注意が必要です。造成林の構造にもよりますが、簡単に倒れてしまう場合もあります。造成林が倒れてしまうと近隣の民家にも被害が及ぶ場合もありますので注意が必要です。造成林を作っている場所は全国各地にありますが、地震...

戦前までの日本国内の林業は、住宅などを建築するため海外から木材を輸入することが多くなっていました。以前までは国内の木材を利用していた場所でも、製材所などを中心に産地の近くへと移動しています。大量の木材を海外から輸入していたため、国内の林業関係者からの反発が生まれたのも戦前の日本の特徴です。国内の林業を保護するために、輸入木材への関税率が高く設定されました。戦時中の林業は、国による経済搭載が本格的に...

政府は2019年10月に、消費税を現在の8%から10%に増税すると発表しました。消費税増税はその他の税金とは異なり、国民生活に大きな影響を及ぼします。実際に過去の消費税増税の際には、消費行動に大きな影響を及ぼし景気が悪化したこともあるほどです。木材を販売する林業も、消費税増税の影響は無視できません。例えば消費税増税が行われると、住宅の販売個数は大きく下がるでしょう。住宅は他の商品とは違い販売価格が...

科学万能時代にありながらレトロ的林業を行っている企業も少なくありませんが、これらのものが必ずしも淘汰されていくとは限りません。むしろ、それほどコストが掛からないレトロ的林業のほうがこれから先の厳しい時代を生き残るには効果的な方法とも言えます。林業の需要というのはそれほど大きなものではありませんから、費用をかけて効率化を追求したところで得られる恩恵というのは知れている部分があります。それだけにあえて...

日本においてハウスメーカーとして高い認知度を有している住友林業は、長年にわたり蓄積してきたノウハウを元にした海外展開も積極的に行っており、この度新たな展開先として定められたのが世界的に見ても成長著しい中国です。元来人口が多い中国では住宅需要が常に高く推移していますが、現在はIT技術が非常に高まっているという事も相まって、ますます世界中から人材が集まり住宅需要が輪をかけて上昇中です。住宅を建築するた...

トップへ戻る