木材市場に関する一般的記事・記事一覧

木材・材木販売は、年々売上高が減少し斜陽産業とも言われています。しかし現在でも売り上げアップに成功し、木材・材木販売で好調な記号も存在しています。厳しい状況でも売り上げアップに成功した秘訣は、インターネットの活用です。現代では様々な業界がインターネットを活用し、ビジネスの拡大を進めています。木材・材木販売もインターネットを活用することで、売り上げアップに繋げることが可能です。具体的な秘訣の一つが、...

政治が木材市場に介入することで様々な問題が発生します。例えば、アメリカは古くから木材の供給元として国内の市場を支えてきました。所が、最近は隣のカナダ産の低価格な輸入材に押されています。隣接するアメリカ西部のオレゴン州は、アメリカの生産の2割をまかなっていた生産拠点でしたが、生産量はこの20年で半分以下に落ち込んでしまいました。このため、関係を改善するため政府は、木材に20%の高い関税をかけて国内の...

日本において人間生活と森林・木材は切っても切れない密接な関係にあります。温暖湿潤気候に属する日本列島は草木が発育するのに好条件であり、多種多様な植生がつくられ大部分が森に覆われる国となっています。古くから日本人は森を大切に扱っていました。住居や日用品、燃料に木材が使われ、果実やクリなど食糧を得ることにも使われます。西欧では住居は石造りですが、日本では平地が少なく住宅地のすぐそばに山林が迫る環境や草...

政治が木材市場に介入することで様々な問題が発生します。例えば、アメリカは古くから木材の供給元として国内の市場を支えてきました。所が、最近は隣のカナダ産の低価格な輸入材に押されています。隣接するアメリカ西部のオレゴン州は、アメリカの生産の2割をまかなっていた生産拠点でしたが、生産量はこの20年で半分以下に落ち込んでしまいました。このため、関係を改善するため政府は、木材に20%の高い関税をかけて国内の...

林業従事者は長年にわたって森の中に入って伐採などを行い、経験や実績を積む事によりより良い業務を遂行する事ができます。そして、さらに知識と技術について高みを目指す方に対して資格も用意されており、資格を取得すると業務や取引に際して有利に働く事から、積極的に資格試験を受験する林業従事者も増加傾向にあります。今日では世界的に木材の元になる木々の絶対数が減少傾向にあり、伐採する事のみにフォーカスを当てるので...

木材市場は人手が不足していて、高学歴者を問わずに人が集まらない状況となっています。しかし、だからといって誰でも構わないからと相手を選ばずに人を採用していては、すでに斜陽産業であるだけに衰退を早めてしまうことになりかねません。高学歴者だから必ずしも業界を良くしてくれるとは限りませんが、木材市場の厳しい現状を考えるのであれば、頭の良い人がリードをして行ってくれなければ見通しは暗いものとなってしまいます...

木材市場は苦境に立たされているだけに、売上を伸ばすだけでなく必要経費削減にも知恵を投入しなければなりません。すでに多くの関係者が削れるところを削って、削ってはいけないところまで削っているという状況かもしれませんが、まだまだ経費削減ができる場所というのは少なくないものです。必要経費削減をしようとすると目に付きやすい部分ばかりに手を入れてしまって、本来お金をかけなければ行けないところまで予算を削ってし...

日本は資源の少ない国ですから何かと資源は海外からの輸入に頼りがちですが、その一方で実は輸出も多かったりします。比較的豊富にある木材は品質の良さもあって、世界から注目されるようになり木材を輸出することも増えてきています。木材輸出相手国のランキングでは、上位をアジアで占めていて特に隣国からの需要が高いことが見て取れます。一番の輸出先は隣の国中国であり、日本は中国から大量の木材を輸入していると同時に一方...

現代住宅においてハウスメーカーが採用し職人が建築を行う際に使用する木材については、海外から材木そのものを日本に輸入して使用しているという事例が多いのですが、木の質ではなく木材加工技術という観点で考えた場合には日本の右に出る者はいないと高い評価がされています。木材を使用した品と言えば住宅の他に、住宅の内部で使用する家具や店頭において商品を陳列するための棚といったようにあらゆるシーンで使用されており、...

現在の木材市場には様々な問題がありますが、そのひとつが輸送コストです。企業には効果的な輸送コストの削減策を出していくことが求められています。木材は分散されている伐採現場からトラックで運搬されて地域の工場へと運ばれていきます。市場で入札などの工程があった後に再びトラックに積み替えられて製材工場に運ばれます。現状では輸送コストがかさみ、なかなか収益を得ることができない状況です。削減策のひとつが伐採現場...

日本の木材を海外へ輸出している会社では、国内で販売するのとは違って、様々な木材輸出コストが掛かってきます。特に重要なのは変動為替相場の動きです。海外取引先との売買のやり取りで、多くの場合で支払いが米ドルで支払われます。日本円で支払われるといったことはあまり多くありません。海外のクライアントとの取引でお互いがよりメリットのあるように考えます。木材を購入するクライアント側からすれば、為替相場が円安であ...

日本は夏には高温多湿になり冬には乾燥状態になるという特徴から、温度変化や湿度により品質が変化してしまう鉄筋よりも木材の方が住宅建築に用いられる事例が多いです。しかも、木材の方が好まれるのは身近な所で伐採しやすくコストがかからないという事も関係しており、住宅建築の他に家具などにも積極的に使用されています。そのような流通量が多い日本の木材は、世界的に見ても小さな国土の中で様々な種類が得られるというのも...

林業、およびそこから伐採された木材を扱う木材市場といえば「重たい丸太を担いで歩く、たくましい男たち」といったイメージがこれまでは一般的でした。もちろん、サービス業など第三次産業に比べればまだまだ圧倒的に男性の比率が高い分野ではあるのですが、近年になって少しずつ女性の進出が始まっているのです。女性がこの木材市場に進出してきた理由としては、社会全体で女性の雇用が増えて「働く女性」の絶対数が増えたことに...

木材市場は閉鎖が多く対策をしっかりととらなければ、その流れに飲まれてしまうことになります。対策をとるためには、なぜ木材市場が閉鎖をしていくのかということから考える必要がありますが、理由のひとつは需要が減っているためです。木材の需要が完全になくなってしまうことはありませんが、現代は建物を建てる時には鉄筋コンクリートが基本となりますから木材の使用は限定的なものとなっています。木材が最も多く使われてた部...

江戸時代の木材市場の重要性は非常に高く、現代よりも価値は高いものでした。規模で見れば日本のみならず世界中で展開している現代のほうが大きいものがありますが、活気の点で言えば江戸時代の木材市場事情のほうが数段に上だったと言えるでしょう。当たり前のことですが、江戸時代はコンクリートがありませんし鉄が豊富にあるわけでもありません。それだけに建物を建てる時には木材が中心となりますから、木材の需要というのは極...

戦争と木材市場とは昔から大きな関係性がありました。他国で戦争が起きると、とにかく木材は必須のものとなるのでどんなに高くても出来るだけ多くの木材を入手しようと戦争当事国は考えてどんどんと木材を買い集めるという事をするので、一気に活性化するという事があったのです。また、戦争が終了すると被災地で戦後の復興作業に木材は欠かすことが出来ないという事で一気に需要が急増するという事がありました。特需といってもい...

木材輸出は40年ぶりに高水準に達しています。これは林業が栄えている証拠にもなり、40年ぶりに高水準を記録することが出来ている状態です。木材輸出をする事で、世界に日本の良さを知ってもらうことが出来ます。日本の林業が40年ぶりに木材輸出の高水準になっている理由は他の国から需要を感じてもらうことが出来ているためです。木材輸出が40年ぶりに高水準になった事で、大きく売上や利益も伸びて来ています。経済誌など...

2018年における日米の木材・材木輸出入は活発に進んでいます。お互い貿易が進んでおり、木材・材木輸出入は好調な状態が続いています。日米では木材・材木輸出入について何度も話し合いや交渉が行われており、お互いの国にとって有益になるような木材・材木輸出入が行われている状態です。少しでもお互いの国に利益が出るように木材・材木輸出入がされており、これからの発展にも期待が出来ます。関税の割合がありますので、交...

木材が不足していた日本は、長い間木材輸入国というイメージが強かったです。東南アジアやアメリカ、カナダなど世界中から木材を輸入し世界最大級の木材輸入国として海外の環境団体から厳しい批判を浴びたこともあります。バブルが崩壊した頃から木材の需要が減り、特に輸入木材は減少傾向にあります。隣の中国では急激な経済発展により木材の輸入量が増えています。中国が世界トップの輸入国になった頃から、日本でも木材を輸出す...

第二次世界大戦後の日本は、住宅などを建築するため木材需要は大きく伸びていきました。日本国民の多くは木造家屋に生活しているため、需要の高まりに供給するスピードが追い付かない状況になります。需要の拡大のために生産性などを高めるのと同時に、木材市場が次第に増えていきました。木材市場は材料を売買する場所のことで、現在の日本国内には約550ほどがあります。550ある木材市場のなかでは、東京と大阪と名古屋が代...

木材市場は次々と閉鎖をしていき、廃業をする関係者も少なくありません。木材の需要というのは決して無くなるようなものではありませんが、もっとも需要の大きいものの一つである住宅が木材の使用が少なくなってしまっただけに、これから先も以前のような需要が掘り起こされる可能性は低いと言えます。自然破壊が深刻化される時代でもありますから、住宅を建てるために木材のほうが都合がいいとなったとしても、次から次へと木材を...

木材が集合的に売買取引される市場として木材市場があります。東京の木場は地名になるほど広く知られてります。木材の流通は、立ち木の所有者から素材生産者、加工業者、問屋、仲買、そして小売商へと渡るフローになっています。太平洋戦争前まではこの形で定着していて、伝統的な売買が行われていたのですが、戦後は、あらかじめ市日を決めておいて競り売りを行う形態が一般的となったのです。現在では全国に約550の市売市場が...

かつての日本は真夏日という言葉があるように30度を超えると真夏ならではの厳しい暑さに見舞われるという認識が持たれていましたが、現代では猛暑や酷暑という言葉がしっくりとくるように体温を軽く超える40度を記録する事が珍しくなくなっています。そのような猛暑は経済にとってプラスになっている一面がある一方で、マイナスに影響してしまっているシーンもあり、特に顕著なのは木材ビジネスにおける現場です。一般的に木材...

日本で衰退が叫ばれている林業、その中心の丸太等の流通の拠点といえば全国各地の木材市場です。景気の良い時代であれば、木材市場には大量の丸太が連日運び込まれ、値を付けられて日本各地にどんどんと発送され経済が動いていました。ところが大幅な全国的な景気の後退、木材の値段の下落、そもそも材木の需要が減っているなどの要因から市場は閑古鳥が鳴いており、非常に先行きに暗雲が立ち込めている状況です。しかし、すべての...

木材市場の多くは古くから伝わる様々な伝統と、職人の経験と勘による木材の見分け方などが非常に重要な仕事となっています。品質を見分けるためには熟練した能力や目利きが非常に重要な要素となり、これらの能力を得るためには単に知識だけではなく様々な経験が非常に重要な要素となっている傾向があります。そのため古くは多くの職人がその知識を得るために先輩の仕事ぶりを見習って仕事を覚えていくと言う傾向があり、これが現代...

丸太には多くの魅力があるため、多くの企業関係者などから注目されているのが特徴です。日本は森林資源が大変豊富な国として有名で、国土の3分の2を森や林などで覆いつくされています。森林資源が豊富な上に法律などによって森林などを適切に管理しているため、質のよい木材を成育することが可能です。木材加工技術の諸外国と比較して優れているため、市場の規模が年々増加していることが特徴になります。木材店などでは丸太など...

海外に物品を輸出する際には日本国内で販売を行う場合に比べ様々なリスクが伴うものです。日本国内と異なり契約に対する前提条件が国によって異なるほか、企業のモラルや体質についても日本国内の企業とは比べ物にならないほどのレベルであることも多く、悪質な企業の場合には債務不履行等の問題が生じることも少なくありません。そのためこれらのリスクを十分に補うことのできる企業体力を持っている企業や、取引先が優良で信頼で...

山林を所有していても、木材市場に木を出荷して利益を上げるのは現状では難しいため、土地を有効活用することなく放置しているケースは多いです。しかし土地有効活用の秘策を探り、土地という宝を宝として生かしていくことが望まれます。確かに、外材の輸入により、コストがかかり高価である日本の木材への需要が少ないのは事実です。しかし、山林には環境保全としての役割もあるため、さまざまな施策がおこなわれてもいます。保安...

全国の木材市場は年々利用者が減り続け、売上も低下し続けています。その結果閉鎖された木材市場も多く、業界全体に閉塞感が漂っているのが現実です。閉塞感を打破して木材市場の活気を取り戻すためには、集客を考えることが大切です。最盛期は珍しいものや質の高い木材を仕入れれば、それだけで集客できました。しかし現在は仕入れる木材だけでは、集客に繋げることができません。これからの木材市場集客は、新しい智慧を元に考え...

日本の林業は昭和初期まではかなり盛んで世界的にも高度な技術があり盛んに行われていて、林業従事者人口も多く木材市場求人で就職する人もかなり多くいました。太平洋戦争末期の日本本土への空爆により焼け野原になった木造家屋の復旧のために、植林活動よりも伐採が優先されて、木の需要過多によって出荷できる十分に育った杉やヒノキが枯渇してしまいました。このため林業が盛んだった地域にある材木を販売する木材市場も、国内...

日本全国に多数あった木材市場は、現在は多くが閉鎖され最盛期とは比べものになりません。ここまで数が減ってしまった理由は、木材の需要が減少しているからです。昔は建物に建てるときに、木材を使うのが当たり前でした。しかし現代では、建物を建てるときには鉄筋コンクリートを使うのが当たり前の時代です。国内での木材需要が低下してしまえば、それに伴い木材市場が閉鎖されてしまうのは当然でしょう。ですが国内での木材需要...

全地球規模の木材市場を三重県鈴鹿市にしようとする計画が進められています。全地球規模の木材市場を三重県鈴鹿市にする事によって日本での木材市場を活性化させることが出来るようになります。全地球規模の木材市場を三重県鈴鹿市にすると今までよりも流通量を増すことが出来るようになりますし、コストダウンにも繋がるので発展を期待することが可能です。木材市場が三重県鈴鹿市に集中すると貿易もやりやすくなり、求人に関して...