45世紀の木材市場の様子は?(2019)

45世紀の木材市場の様子は現時点では正確に予想する事は難しいのですが、これまでの環境の変化や木材の需要の経過などから見ると、非常に高額な金額での取引が行われるものとなっている可能性が非常に高いと考えられます。過去木材は非常に安価に手に入るものとして様々なところに利用されており、日本を含む世界中で森林の伐採が行われ利用されてきましたが、その影響で森林が非常に少なくなり地球環境にも影響を及ぼしているのが21世紀の現代となっています。そのため現在では木材の価格は平均的に高騰しており、また森林もその伐採の量に制限が加えられ無計画に木材を採取することができない世の中となっていることから、価格は取引量が少なくなっていることによっても非常に高騰しているのが実態となっているのです。45世紀にはこのような状況とは大きく変化しており森林の絶対量が減少し採取できる木材の量も非常に少なくなっていることから、現在のように住宅の建築などに使う事は難しくなってしまい、高級家具や工芸品などで使用することが中心となる傾向があると予測できます。
さらに45世紀には地球環境も大きな変化を遂げていると考えられる面があり、現在以上に温暖化が進み採取できる木材の種類も大きく変化することが推測されます。現在堅牢な材料として使用されている木材は寒暖差があるために木目が閉まり非常に硬いものとなっているのが一般的ですが、地球温暖化に伴い木材の生育する環境が現在の気温よりも高くなってしまった場合には熱帯雨林のような非常に柔らかい性質のものが増えてしまう傾向にあるのです。熱帯雨林の木材はその性質が柔らかく住宅などを建築するには強度が不足し変えられないことが多いため、日本においては現在のような木造建築は非常に高額となりほとんどの人が建築できない状況となってしまうと考えられる面もあります。そのため現在ではあまり高額で取引されていない木材が高額で取引されるようになり、その市場も大きく様子が変わるものとなってしまう傾向があるのです。