台北市(台湾)の木材市場の現況(2019)

世界的な水準としては木材市場は最盛期に比較すると落ち着いた状態で推移していますが、現況でも最盛期と変わりなく活発に動向が推移しているのが台北市(台湾)です。
まず台北市(台湾)では国内需要と国外需要の両面で需要が高いという強みがあり、国内需要に関しては細分化して見てみると建築物や郷土品といった通常であれば世界的に見られるように、時代の変化に合わせて需要が減少傾向になりやすい事柄で、今もなお高い需要がある様子が木材市場を活発にさせている所以です。
そのように国内需要が高いのは台北市(台湾)の経済発展が目覚ましい様子が関係しており多くの一戸建て住宅やマンション、ビルが建築されているためです。
マンションやビルは鉄筋コンクリート造なので本来なら木材は使用されないですが、台北市(台湾)は世界各国が需要が高い木材を有する地域という事もあり、マンションやビルの内装にふんだんに木材が使われています。
そのため、近代的な鉄筋コンクリート造のマンションやビルが増加しても木材市場が先細る事はなく、むしろ経済発展により近代的な建造物の数が増えるほど木材市場が尚一層活発化していくという好循環です。
また、台北市(台湾)は日本からも多くの観光客が訪れているように世界的に人気が高い国であるが故に、観光客に人気が高い品に木材が使われお土産として買い求めて頂く事により、木材市場の発展に貢献している一面もあります。
観光客に人気が高い様子から使用される機会が多いのが台湾檜という種類の檜であり、上質かつ香りが高い特性を活かし手桶や櫛に加工して販売されている木工品が人気が高く、木材の年輪が感じられるほどできるだけ木材を自然な形で残してカットし販売されている木片は、アロマとして癒やしを与えてくれます。
マンションやビルの内装に使用されているのも、まさにそうした香りが高い檜であり、観光客に人気が高い事を受けてホテルがリフォーム時に採用する機会も多い事から、これからも長い目で台北市(台湾)の木材市場は活発に経過していきます。