新竹市(台湾)の木材市場の現況(2019)

新竹市(台湾)は、台湾の北西部に位置する都市です。
日本の中核市に相当する省轄市で、IT関連の企業や工場が集まっているため台湾のシリコンバレーとも呼ばれています。
新竹市(台湾)で有名なものは、豚肉を使ったミートボールとビーフンです。
焼きビーフンと肉団子スープは新竹市(台湾)を代表するグルメで、ルンビンや鴨料理さらには漁港では新鮮刺し身も堪能することが可能で、わずか200円で弁当箱一杯の量を買うことができます。
料理だけでなくスイーツも有名で、100年以上の歴史がある老舗店舗で買える竹塹餅はお土産としても最適です。
新竹市(台湾)の木材市場の現況を調べるなど、現地を訪れることがあるなら竹塹餅をお土産にすると喜ばれるでしょう。
新竹市(台湾)は台湾のシリコンバレーとも呼ばれ、実際に1980年にオープンした新竹サイエンスパークには世界的な半導体の企業が現在も集まっています。
また優秀な理系の学生が集まる大学も当地にはあり、卒業生はそのまま地元のIT関連企業に就職しています。
そのため台湾で一番所得の高いエリアは、首都である台北市ではなく新竹市(台湾)とされているほどです。
市内は現在も発展を続けており、建設途中の高層マンションも建ち並んでいます。
不動産開発も盛んですから木材の需要も高まっており、新竹市(台湾)で使われる木材の取引も台湾の市場では活発に行われています。
現況の木材市場では地元の台湾産の他に、中国など海外から輸入された木材も少なくありません。
台湾のシリコンバレーと呼ばれるほどIT関連の企業が集まり世界でも注目されていることから、新竹市(台湾)の木材市場の現況についてはハッキリとしたことはわかりません。
しかし市内には高所得者が集まり景気も比較的良いですから、不動産など様々な需要は旺盛です。
それらの需要を満たすためにも大量の木材が必要となっており、台湾全体の木材市場の現況も活発になっています。