屏東市(台湾)の木材市場の現況(2019)

屏東市(台湾)の木材市場の現況は決して芳しいものではありません。国内の木材の伐採を商業目的で行うことを法律で制限している状況もあり、積極的に木材を国内で生産すると言う体制になっていないことから、基本的には海外の輸入にそのほとんどを頼っている実態があるのです。しかし台湾の住宅のほとんどはRC構造と呼ばれる鉄筋コンクリートの住宅が中心となっていることから、木造住宅が基本となっている日本ほどの木材の需要はなく、木材市場の実態としてはその輸入量も少ないと言う現況があります。
屏東市(台湾)は屏東県の中心都市となっていますが、台湾全体が観光に対する経済依存度が非常に強い地域であることから屏東市(台湾)も観光に対する依存度が非常に強いものとなっているのが特徴です。世界各国から多くの観光客が訪れ、その文化交流も非常に激しい地域であることから、市内の文化も非常に活性的なものとなっており、新たに様々な建造物も建築されているといった状況があります。しかし近年は高層建築も非常に多くなっており、木造住宅やその他の木造建築が非常に少なくなっている状況から鑑みると、今後も木材の需要は増加しないと推測される面が非常に大きくなっているのです。
中国自体は木造建築が非常に少なく、古くから石材やレンガを利用した住宅が多い傾向にあります。そのため木材の需要も非常に少ない地域となっていますが、台湾は比較的気候が温暖で湿度も高いことから木材が広く使用されている傾向がありました。しかし近年では中国の文化も多く輸入しており、強度の高い鉄筋コンクリートも広く建築物に利用され始めています。そのため、屏東市(台湾)の中でもその比率が非常に高まっており、木材市場の状況は輸入量が少なくなっている傾向があるのです。ただし観光的な目的での木材の使用は継続的に行われており、この面での輸入木材の利用は現状を維持している状況にあると考えられます。