台東市(台湾)の木材市場の現況(2019)

台東市(台湾)は台湾の東部に位置する台東県の中枢都市で、東側が海に面しており西側が森林に囲まれている非常に自然豊かな場所となっています。その歴史は古く原住民が様々な文化を構築した関係で古い文化遺産が数多く残っており、また現代的な夢様々な文化も発展していることから観光地として非常に多くの観光客が訪れる場所となっているのです。
台湾の中でも比較的様々な国々との文化交流も非常に進んでいることからその文化水準は比較的高く、様々な情報が入手しやすいところとなっているほか、漁業や農業も盛んな地域となっており、非常にバランスのとれた生活水準を維持しているのが特徴となっています。
木材に関しては木造の住宅も近年増え始めており、その需要が増えているために様々な国から必要な木材を輸入し使用している状況がありますが、国内での生産は非常に少なく、森林地帯はそのまま自然保護のために伐採が行われる外は林業としての需要は非常に低いのが特徴です。そのため世界的に見た場合の台東市(台湾)の木材市場の現況はそのほとんどが輸入によって成り立っており、その需要が増えつつある傾向にある点が特徴となっています。
近年では様々な海外の文化にならない一部の工業も行われ始めていますが、観光地としての側面が非常に強いため、住民のほとんどが観光事業に従事しており、近年ではその割合はさらに増えつつあるのが特徴です。食料を含めて様々なものを指す輸入に頼っており、市の財政のほとんどが観光収入で成り立っている都市でもあるため、様々な産業はあまり積極的に行われていないと考えられる側面もあるのです。しかし市内の住宅の建設は好調で、木材は高価なものが多く取引されている傾向があり、取引額は比較的高額となっている面があるため、リゾート地としての位置づけも非常に濃くなっており、その文化を踏まえて多くの観光客が訪れる魅力を持った街に発展している点が特徴となっています。