花蓮市(台湾)の木材市場の現況(2019)

花蓮市(台湾)は台湾の北東側に位置する人口10万人の地域で、日本統治下時代に整備された街並みがそのまま残っていると言う特性を持っています。そのため現地の高齢者の中には日本語を話せる人も多く、観光地としても日本人を始め様々な国からの観光客が訪れている地域となっています。
台湾の多くの都市は住宅がRC構造と呼ばれる鉄筋コンクリートの住宅がベースとなっていますが、花蓮市(台湾)は日本文化が浸透していることもあり純粋な木造建築も数多く見られることから、他の地域に比べて木材の需要は比較的高い傾向にあります。しかし台湾自体が木材の伐採を商業目的で利用することに一定の制限を加えているため、木造建築を建築する場合の材料となる木材のほとんどは輸入に頼っているのが実態で、花蓮市(台湾)も多くの木材を輸入している傾向にあります。そのため花蓮市(台湾)の木材市場の現況は輸入が多いものとなっており、台湾の他の地域に比べても比較的その需要が大きい傾向にあるのが特徴です。
ただし近年では木材の需要が減少する傾向にあり、その大きな理由として高層建築が増え鉄筋コンクリートやその他の新たな建築技術が普及して木造建築が減少する状況があります。観光地としても古くから多くの観光客が訪れる場所であり、最適の観光依存度も非常に高いことから新たなテーマパークやその他の建築物を建築することが比較的多く行われているため、最先端の建築技術を用いたものが非常に増える傾向にあるのです。このような施策により木材の需要が減っている状況もあり、今後の木材市場の動向は輸入量も減少する傾向にあると考えられています。
花蓮市(台湾)の特徴は台湾の他の市に比べて海外の文化が多く取り入れられている点です。日本統治下に日本が作り上げた街並みや様々な文化を土台に、罪の観光に依存した経済の状況により、様々な国街の文化が流入しやすい状況もこの特性を生む大きな要因となっているのです。