宜蘭市(台湾)の木材市場の現況(2019)

宜蘭市(台湾)の木材市場は、輸入に頼っているということが現況です。宜蘭市(台湾)に輸出している国の一つは日本であり、その量は需要の高まりとともに増加している傾向にあります。日本から輸入している大きな理由は価格です。国際的にみても価格は非常に安価で手に入れやすいというメリットがあるため、宜蘭市(台湾)をはじめ様々な国からの需要が高くなっています。一言で木材と言っても種類が豊富に存在しています。品質が高く高級なものからそれなりの品質で安いものまで様々です。必ずしも品質が高いものだけが売れるというわけでなく、安価なものに対する需要も非常に高いです。

 

宜蘭市(台湾)の木材市場は、輸出がほとんど機能していない状態となっています。国土における森林が占める割合は58%と低くない割合となっていますが、その環境を活かしきれていないということが現況です。タイワンヒノキと呼ばれる巨木が以前有名になったため林業も栄えているイメージをする人もいるかもしれませんが、自給率は決して高くありません。
台湾では針葉樹よりも広葉樹の割合の方が大きいということが特徴です。広葉樹は工芸的に優秀な素材もありますが、加工することが大変でさらに数を集めにくかったり原木の形状が良くないなどの大きな課題が残されています。このようにたくさんの手間や時間を必要とするため、まだまだ海外からの輸入に頼っているということが現況です。
国内の自給率を高めようとして、政府は様々な政策を行っています。政府は林業において補助金を出し、台湾で製造された木材を多くの人に利用してもらえるようにしています。しかし自給率を上がるためにはたくさんの課題が残っており、その中でも大きな要因となるものは価格です。日本などから輸入する場合と比較するとその価格はとても高くついてしまいます。そのため木材を必要としている企業などはできるだけ費用を抑えることができる輸入木材を採用してしまうため、できるだけ価格を抑えることが今後の課題になります。