朴子市(台湾)の木材市場の現況(2019)

朴子市(台湾)は台湾嘉義県の西部に位置しており、同県の議会所在地となっています。また朴子市は嘉義県内の嘉義都市圏以外では最大の都市で、数多くの人たちでにぎわっているといえるのです。台湾における木材市場の現況は、決して良いとはいえません。その理由として、台湾国内の建築市場の不景気が挙げられます。建築市場が不景気であれば、自ずと木材市場も同様に不景気になってしまうことは避けられず。各種木製資材の供給が減少していることは避けられないといっても過言ではありません。
朴子市の木材市場もこれと同様で、木材関係の職に就いている人たちは苦労をしているようです。ただし今後の見通しとして、加工製品に関しては原木と比較すると比較的見通しが明るいといえます。特に原木の国内への輸入量は減少傾向にあり、この原因として他国の価格が上がったことが筆頭に挙げられるでしょう。価格が高騰したことによって、それまでと同じ量を輸入することが厳しくなったことは当然といえます。そのため輸入量が減ったのですが、台湾国内でも原木の需要が減少したことは現況なのです。
見通しが明るいといえるのは加工製品であり、以前と比べると他国との貿易が活発になったことで、加工製品の需要が増加したことが挙げられます。加工製品以外でも、例えば梱包材やパレット用材も需要が増え、今後さらに増えるのではないかと見込まれているのです。木材市場が厳しいとはいえ、このように少しでも明るい見通しがあることで、その職に就いている人たちの心が救われています。
今後は建築市場の景気が上向きになることで、木材市場も同様に上向きになるのではないかとさらなる期待が持てるのです。世界的に見ても景気が良い状態とは言えないかもしれませんが、朴子市(台湾)の木材市場に関係する人たちは希望を捨てず、加工製品などの自分たちにできることからしっかりと携わり、少しずつでも進歩を遂げているといえます。