太保市(台湾)の木材市場の現況(2019)

太保市(台湾)は台湾の西部にある都市で、古くから台湾地域の重要な都市として栄えてきた歴史を持っています。そのため、歴史的な建築物も非常に多く残っている反面、現代でも台湾の中で重要な都市となっているのが特徴です。歴史上重要な拠点であった部分と現代経済や文化の重要拠点として栄えている両方の側面を持っていることから、台湾の中でも非常に重要な位置づけを担っている都市でもあるのです。
太保市(台湾)の現在の特徴は過去の文化と現代の文化が共存している点にあり、この様子は建築物にも色濃く表れています。古代の石材やレンガを利用した住居が非常に多く存在しているほか、木造建築や鉄筋コンクリートの高層建築なども街の中には非常に増えており、それらが市内の様々なところで混在する様子が非常に珍しい雰囲気を醸し出しているのです。これは世界的にも非常に珍しい状況となっており、この様子を見るために世界から多くの観光客が訪れる場所ともなっているのが特徴です。
太保市(台湾)の木材市場の現況は、木材の需要はそのほとんどが輸入に頼っていますが、その輸入量は減少する傾向が強くなっているのが特徴です。その理由は近代化により木造建築が減少し、鉄筋コンクリートによる高層建築が非常に増えていることが要因で、また台湾政府自体が商業目的の木材の伐採を制限していることから木材自体の価格が高騰しており、様々な環境を踏まえて高層建築が非常に経済的な印象を与えていることにもよるのです。
太保市(台湾)は現在高層建築が増える傾向にありますが、台湾の中でも非常に重要な拠点としての位置づけを持っていることから世界中から移住をする人も増えており、そのために木造住宅を建築すると言う人も実は多くなっています。そのため、今後の動向に世界中の木材の輸出国が注目をしており、今後の動向によってはその需要が増えることを期待されていることから注目すべき対象となっているのです。