もしも三遊亭好楽さんが木材市場を運営したら・・・

 

もしも三遊亭好楽さんが木材市場を運営した場合には、トラブルが非常に多いと想像する人がほとんどだと考えます。テレビで見せるその姿はほとんどが非常に面白く発想の豊かな反面、いい加減な発言ばかりが目立つため、その部分だけの印象からすると途中でいろいろなものを放り出して終わらせてしまうと感じることが多いためです。
しかし実際の三遊亭好楽さんの経歴を見ると、決してそのような人物ではないということがわかります。幼い頃から母親の影響で落語に興味を持ち、落語がやりたい一心で落語の師匠に弟子入りしているところや、その後自分の話の内容を研究し、その興味と表現の方法が現在の師匠とは異なっているとわかると、丁寧に礼儀を渡した後他の師匠のところに弟子入りしているところを見ると、実は非常に緻密でしっかりと考えて行動をする人ではないかと考えられます。そのため、様々な状況を把握しながら数十年先を見越して行動をしなければならない木材市場の運営には比較的適しているのではと思われる部分もあるのです。
木材市場の運営は、単に現在の状況を整理すれば良いというものではありません。木材には様々な種類があり、その時々の流行やその他の要因により需要の大きな種類が変化するため、これを見越して準備をすることが必要となります。また、市場では様々な種類の木材が取引されますが、その生産者と利用者のバランスを上手にとることが必要であり、これを実現するためには、様々な角度からいろいろな意見を総合して最適なものを選ばなければいけない苦労もあるのです。様々な状況を予測する力と現場を適切に理解する力が必要となるのですが、三遊亭好楽さんは、その経歴から自分の適性と将来をしっかりと見据えて着くべき師匠を変えたり、さらに様々な努力をするなどして行動をしており、これにより高い実績をあげていることがわかります。自分の芸を磨くために、人気のあったテレビ番組を自らから降板したと言う経験もあり、仕事に関して非常にストイックなところも木材市場の運営に向いていると考えられる側面です。

 

 
トップへ戻る