もしも春風亭 昇太さんが木材市場を運営したら・・・

 

もしも春風亭昇太さんが木材市場を運営したら、こだわりの強い木材が多く流通し、顧客のニーズにこたえることができる市場を運営することができるのではないでしょうか。春風亭昇太さんといえば、大学生の時にサークルに入ろうとしてたまたま隣の部室で合った落語研究会に声を掛けられたことがきっかけで、落語の世界に足を踏み入れたことは有名な話です。

 

その後、大学を中退して春風亭柳昇さんに入門したあと、様々なメディアで活躍をしているのは誰もが知ることとなっています。特にセンスの良いもの選びには家具や雑貨、車などに対するこだわりが強い事でも知られていますので、木材市場を運営するとなれば、顧客のニーズにこたえられるセンスを最大限駆使した、個性的な品ぞろえになるのではないでしょうか。

 

春風亭柳昇さんといえば、とにかく多趣味であることでも知られています。プロレスや古い雑貨や車、映画などにも造詣が深く、それぞれ非常にその世界に精通しているのも特徴です。こだわりの強さでは他の追随を許さない春風亭昇太さんの事ですので、木材市場を運営するとなればそのセンスの良さで無駄を省き、コストパフォーマンスに優れながらも品質の良い木材を集めて流通させることが出来るでしょう。

 

春風亭昇太さんは、落語芸術協会会長を務めるなど芸術関連の仕事を多くしていますし、顔も広いです。芸術関連の仕事には建物は深くかかわっていますので、春風亭昇太さんが運営する木材市場があるとすれば、広く芸術が披露される格式高い建物の建設にも力を入れることが予測されます。

 

高い品質のこだわりぬかれた木材が置かれる市場を運営し、芸術にもそれを還元することが出来るのが、春風亭翔太さんなのではないでしょうか。木材市場の運営は、誰が行うのかによって大きくその特徴や可能性は変わってくるものです。春風亭翔太さんは多芸ですので、今後そのようなことになる可能性は無いとは言い切れません。

 

 
トップへ戻る