もしも林家たい平さんが木材市場を運営したら・・・

 

林家たい平さんは、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科を卒業したのちに林家こん平さんに入門したというのは有名話ですが、この異色の経歴はたびたび話題になることがあります。関東地方でも秩父は特に林業が盛んなエリアとしても知られていますが、林家たい平さんは故郷である秩父に大変郷土愛を強く感じていますので、もし木材市場を運営した場合には非常にメリットがあるのではないでしょうか。

 

林業の振興にも力を注ぐことが予測されますし、故郷である秩父の林業の勢いもさらに強まることは間違いありません。林家たい平さんの家族も飲食店や駄菓子屋さんを経営していますし、家族の絆を大切にすることでも知られています。そんな林家たい平がもし、木材市場を運営したときには地元である秩父にメリットがあるだけでなく、家族家業である林業全体の振興にも力を注いでくれることでしょう。

 

又、強度に対する愛が強いだけでなく、母国である武蔵野美術大学の客員教授でもありますので建築関係や美術関係とのコラボレーションも期待できます。芸術と木材には切っても切れない関係性がありますので、この力強いタッグはもし実現すれば芸術にも木材市場全体にとっても活性化が期待できることは想像に難くありません。

 

林家たい平さんは、奥さんが元フリーアナウンサーとしてだけではなく恐妻キャラクターの人気ブロガーとしても情報を発信しています。あくまで、キャラクター上の設定で、自身の家族が東日本大震災で被災していることなどからも、復興活動にも協力的です。

 

こうした家族構成からも、災害地の復興などの観点から林家たい平が木材市場を運営したら、日本全国的に大きく活性化されることが予測されます。知性や芸術性を持ち合わせていますし、強い郷土愛も持っていますので安心して木材市場の運営を任すことが出来るでしょう。林業全体の底上げにもなりますので、その日が来るのを多くの人が待ち望んでいるかも知れません。

 

 
トップへ戻る