もしも林家三平さんが木材市場を運営したら・・・

 

もしも林家三平さんが木材市場を運営したら、効率よく運営することが可能です。
林家三平さんは落語家ですがタレントでもあります。
落語協会真打で、語学力もあります。
東京都台東区根岸出身の林家三平さんの祖父は、名人と呼ばれた7代目林家正蔵です。
英語が堪能で中国語も話すことができる林家三平さんは、中国語落語にも挑戦して2005年には中国の青島で高座に上がっています。
シンガポールでは東京の落語家では初めて英語落語を披露しています。
2002年9月に真打に昇進し、浅草芸能大賞新人賞を受賞します。
英語と中国語が堪能な林家三平さんが木材市場を運営した場合、輸入業者とのスムーズなやり取りが期待できます。
日本は長い間林業が低迷していましたが、最近は中国への輸入量が爆発的に増えています。
中国は経済成長が著しく、木材市場の需要が非常に高いです。
国内の木材供給量が不足しているため、日本産の木材に注目が集まっています。
中国は1人あたりの森林面積は小さく森林国家ではないものの、木材の消費は世界で2位です。
中国では2017年に天然林の伐採が全面禁止となり、木材原料の不足と値上がりを招きます。
需要が増加したため、現在は輸入に頼っている状況です。
日本は昔から森林国家で、計画的な植林によって全体の約6割は人工林です。
農水省の統計によると、2017年度の木材輸出額は326億円にものぼります。
38年ぶりの高い水準となり、関係者を喜ばせています。
特に好調なのが九州で、九州経済圏の輸出額は116億円です。
2012年から2017年までの5年間に、九州エリアの輸出は7倍になっています。
2018年の第二四半期を見てみると、日本企業の木材製品と木材の輸出は435億円になります。
この額は21世紀以降の四半期では最高額です。
好調な輸出を支えているのが対中輸出で、2018年の1月から4月のシェアを見ると日本木材輸出のシェアが7割まで上がっています。
木材輸出では中国との関係が重要になっているので、中国語が堪能な林家三平さんが活躍できる場所は多いです。

 

 
トップへ戻る