もしも堺屋太一が木材市場を運営したら

堺屋太一は日本の政治家としてだけでなく、経営者としても非常に有能である点から木材市場の運営を行うことができれば市場の活性化や雇用の促進を中心に大いに期待できます。堺屋太一は博識で聡明な方なので、まずは林業従事者の雇用促進と、保護や保険の充実から政策を行う可能性が高いです。特に林業銃所者の雇用の促進については、雇用条件の見直しを中心に行動を起こす可能性が高いでしょう。例えば、日雇い従業者だけでなく、学生のアルバイトとしても採用するように活動したり、いつでも自由な時間に働くことができるように林業にもフレックスタイム制を導入します。そうすることで人手不足で過酷な林業や木材市場の現場の問題を徐々に解決することができるのです。もちろん堺屋太一は日本の木材市場の活性化を徹底するために海外の市場も展開していきます。日本の木材の品質は海外のものよりも高くなっているので、それらを中心に国外の富裕層を相手に取引を行っていく可能性が高いです。それだけでなく、堺屋太一自身が日本の林業の安全性と耐久性能をマスメディアを使用してアピールすることで世論の支持を手に入れます。結果的に堺屋太一が木材市場を運営するようになった場合は、日本の林業従事者の保護を徹底するだけでなく、市場開拓が不十分な海外の顧客に対しても積極的に自社の木材を売り込む可能性が高いです。政治家としても優秀な堺屋太一は国会にて木材市場の関係者や従事者の保護政策の推進も行っていくでしょう。これまでは林業においては雇用の規制がかかっていましたが、規制や制限の緩和によって人手不足も解決に導かれていくでしょう。もちろん外国人人材の採用も徹底していく可能性は高いです。人件費の高い日本人よりも安価な外国人労働者を日本の木材市場に参加させることにより、生産力をつける戦略も徹底していきます。堺屋太一の木材市場の運営はこのように総合的に行われていくと考えられます。