もしも織田信長が木材市場を運営したら

もし織田信長が木材市場運営していたならば、さまざまな新しい革命を起こすに違いありません。実際に織田信長が歴史上で有名なのは、単に天下を統一しそこねたからではありません。あるいは、強大な権力をふるって人々を恐怖に陥れたからでもないわけです。それよりも、今まで人々が行ってこなかったものに着眼し、革命を起こしたからと言えるでしょう。これはいつの時代でも同じですが、新しい時代を迎える時には必ず織田信長のような人がいます。例えば、自分の配下にアフリカ人を入れてみたり今まで日本では広まらなかったキリスト教を広めてみたりしました。キリスト教を広めたことに関しては、賛否両論をありますし結果的に広まらない方が日本にとって良かったわけですが、それでも新しいものに着眼した点は注目に値するべきことでしょう。
では、このような革命時の織田信長から木材市場を運営するとどのようになるかといえば、考えられるのは木材輸入や輸出を活性化させるべく新たな法律を作ることです。もちろんこれは、一つの企業として行う場合は不可能ですが織田信長が当時のように半分天下統一をしているような状態ならば決して難しくありません。
その一方で、日本の木材をより利用していくことになるでしょう。現在の日本では、内需拡大が一つの課題となっていますが内需拡大のためには日本の樹木をより多く利用することが必要になります。とはいえ、樹木自体が少なくなっている場合にはこれを実現することはできません。そこで、より多くの樹木を植え有効に森林を利用する可能性が高いです。これにより、輸入に頼らなくてもある程度内需を拡大させることができ、結果的に国の赤字を救うかもしれません。
ただ、これを少しずつ広めていくともはや木材市場だけではなく様々なところに顔を出すことになるでしょう。最終的に政治に顔を出し、強烈な政策を行い最後は本能寺の変で焼かれてしまう可能性も否定できません。いずれにしても、今の日本にもそして木材市場にも織田信長のような革命児が必要なのは間違いありません。