もしも東大医学部生が木材市場を運営したら

東大医学部生が木材市場を運営することになった場合は、医療に役立つ木材の開発を推進していく可能性が高いでしょう。特に医療と木材には密接な関わりがあり、不適切なものを建築資材として使用していると、アレルギーなどの症状を引き起こしてしまうことがあるのです。特に東大医学部生は細菌やウイルス、アレルギー物質などの研究を行っている学生が木材市場に介入することで、安全で清潔感のある製品を市場に流通させることができるでしょう。これは木材を専門に取り扱っている企業や会社にとってはプラスに働く可能性が高いです。特に発展途上国で、家具や建築資材などを専門に開発している企業には非常に都合が良いでしょう。発展途上国の貧しい国では人体に有害な木材を低コスト化のためにそのまま建築資材として利用していることがあります。それだけでなく腐食しやすい木材を使用することでガンやアレルギーなどの様々な症状を引き起こしてしまうことがあるのです。そこで、東大医学部生が人体に安全な木材をそれらの発展途上国に提供することでそれらの地域の建築資材による疾患を低減させるとともに、市場の活性化を促すことができるのです。それらの実験や開発の際には木に関わる知識だけでなく医学における知識も必要になります。安全な木材を提供できるかどうかは東大医学部生の頭脳によってのみ完成されるものなのです。以上の点から東大医学部生が木材市場を運営した場合は、安全な材木であるというお墨付きの製品を市場に流通させることができるので木材の市場が活性化される良い要素になると言えるでしょう。安全性の高い木材が市場に流通された暁には、発展途上国で発生している様々な衛生面による疾患も低減していきます。更に、これらの安全性の高い製品を市場に流通させることによって、従来型の木材の低コスト化も推進していく可能性が高いです。結果的に建築資材全般が低コスト化されて木材市場全体の好景気が期待できます。