もしもマクドナルドが木材市場を運営したら

マクドナルドが木材市場を運営した場合は、ハンバーガーに包む紙などを自社で手に入れることになるので、木材市場はマクドナルドの傘下以外の企業はかなり苦戦を強いられる可能性があるでしょう。特にハンバーガーの包み紙だけでなく袋やナプキンに加え様々な箇所で紙製品を使用しています。だからマクドナルドが木材市場を運営した場合は、傘下の従業員は一定の収入を確保できる可能性が高いです。しかし、それ以外の従業員や企業は紙製品を中心にかなりの苦戦を強いられることになることが予想されます。それだけでなくマクドナルドのハンバーガーの包み紙を提供していた事業者は大幅な収入の損失が考えられます。他にも、マクドナルドは世界規模で展開されている企業ので木材市場を管轄した際の鋭意協力は世界中に及ぶ可能性が高いです。自社で運営することになると従業員の確保やコストの変動に加え、これまで契約していた取引先の企業に対しても様々な影響を及ぼすことがあるでしょう。自社で紙製品を製造することによって低コスト化が期待されますが、それによって木材の消費量が伸びてしまう可能性も考えられます。植林が追いつかなくなることも考えられるので、結果的にマクドナルドが森林などの環境を破壊したなどというニュースも流れる可能性もあります。もちろん、企業のコンプライアンスを遵守してるので適切な植林を徹底する可能性は高いですが、世界規模になっている企業がこのような木材市場を統括する戦略に方針転換を行ってしまうと、経済のバランスが崩れてしまう可能性が高いです。木材の流通や経済に関しても、紙製品を開発している企業を中心に苦戦を強いられ木材を使用した家具製品や資材市場に流れていく可能性もあります。以上の点からマクドナルドが木材市場を運営した場合は、世界規模での経済のバランスが崩れてしまい、木材市場に関わっている企業や業種は苦戦を強いられることが予想されます。