もしも南原竜樹が木材市場を運営したら

南原竜樹が木材市場を運営した場合は、行動力のある彼の手腕によって日本の木材市場が活性化される可能性が高いです。ただし日本国内では木材の需要は限られており、震災や火災などによって災害発生時には建築を中心に木材の需要が高まる可能性は高いですが、平常時では簡単に木材を市場に販売することは難しいです。だからこそ、南原竜樹は木材市場への需要を高めるためにもこれまでの木材の特性や特徴を把握した上で付加価値のある販売手法を徹底していくことが予想されます。例えば杉は安価に利用できるメリットがありますが、殆どはそれだけで富裕層の顧客からは見向きもされないことが多いです。このデメリットを活かすためにも使い捨てにする家具製品に使用することで利用の際の低コストかと手軽に利用できるメリットを説明していくのです。他にも、最近では建物や住宅の建築が追いついていない東南アジアや中国では木材を必要としています。木材があれば住宅を建築することができるにも関わらず、素材がないので住宅建築のコストも高くなってしまい、結果的に住宅を作ることができません。このような問題に対処するためにも南原竜樹は低価格で日本の木材を提供する戦略を徹底することが予想されます。もちろん、ただ東南アジアに材木を売却するのではなく、貿易先の国との友好関係を築く可能性も高いです。ビジネスは取引先の友好関係によっても成り立つことがあります。単純に低コスト化を推進したとしても、適切な保証やサービスが存在しなければ再び利用してもらうことはできないのです。それらをよく知っている南原竜樹は木材を要求している東南アジア諸国に対して適切な保証やサービスも徹底していくでしょう。例えば日本の建築技術を東南アジア諸国の建築に関わっている従業員に継承したりすることで雇用の増加や国レベルでの建築技術の底上げも徹底していくのです。これらを行うことで南原竜樹は日本の木材市場を活性化させていきます。