もしもマッキンゼーが木材市場を運営したら

もしもマッキンゼーが木材市場を運営したら、優れた問題解決能力を発揮することが予測されます。
1926年にアメリカで設立されたマッキンゼーは、90年以上もトップ企業を支えています。
優れた人材を輩出し、日本でもマッキンゼー出身の人気経済評論家や経営者が活躍中です。
木材市場とは木材の取引が行われている市場のことで、問屋を中心に相対取引で木材の売買を行う市場とセリで売買を行っている市場に分かれています。
第二次世界大戦後に木材市場を近代化するために開設されたのがセリ方式の市場です。
木材問屋は歴史が古く、中世にまで遡ることができます。
木材市場の運営は難しいことも多いですが、これまでビジネス上の難問を次々と解決してきたマッキンゼーなら優れたスキルと戦略を駆使して運営ができます。
ビジネスのフレームワークには有名な7Sがあります。
共通の価値観や経営スタイル、戦略などの7Sを提唱したのはマッキンゼーです。
この7Sは木材市場の運営にも必要なものになります。
科学的で論理的な問題解決の方法論を確立しているマッキンゼーは、シカゴ大学の経営学教授と仲間により創設されています。
現在は世界120以上の拠点に14000人以上のコンサルタントがいるトップファームのひとつです。
日本法人も1971年に東京で開設され、経営コンサルティングの草分けとして現在でも注目されています。
日本支社では様々な加太に関する研究をおおk内、成果の一部は本になっています。
産業関連の会議も開催し、非営利機関や公益事業へのサポートも行います。
マッキンゼーのコンサルタントは業界別のグループに分かれて様々なプロジェクトや研究活動に励みます。
研究活動を通じて得たものは、すぐにクライアント企業のプロジェクトに応用されます。
マッキンゼーグループは戦略やオペレーション、マーケティング関係の重要な課題に積極的に取り組んで顧客を支援しています。
これまでの豊富な実績により日本国内の信頼も厚いです。