もしもAKB48が木材市場を運営したら

AKB48は非常に人気の高いアイドルグループですが、その人気の秘密に巧妙な販売戦略があることを忘れてはなりません。これまでのアイドルグループとは異なり実際に劇場などで触れ合うことができるのをポイントにその人気を高めてきた部分があり、また総選挙などこれまでのアイドルとは異なるファンの意思を反映した戦略で非常に身近なイメージを作り上げてきたと言う点が非常に評価されているのです。
AKB48が木材市場を運営した場合には現場の需要と供給のバランスだけではなく、様々な戦略に基づいた市場価格のコントロールが行われる可能性があります。より多く購入してもらうための特典や、状況に応じて様々な種類の木材を提供したり、逆に1部の種類に関して引退をさせるなど様々な戦略を生み出し効果的に販売を行う可能性があるのです。そのため木材の種類ごとにその種類を好む人が登場し、それぞれの木材の種類による価値がクローズアップされるようになることも予測できます。
現在でも様々な木材の種類により用途を使い分けたり、住宅を建てる場合などは施主の好みにより特定の木材を使用するなどの例はありますが、これは単に人気と言うものではなくその機能を十分に生かすことで最適な構造の住宅を実現できるようになると言う技術的な発想によるものです。しかし、AKB48が木材市場を運営した場合には実際の専門的な部分ばかりではなく、営業戦略的な側面で様々な種類の木材をランク付けしたり、またあまり人気がなかったりする木材に関しては取り扱いを重視するなど非常に取り扱いの木材に関する差別化が行われる可能性が高くなる可能性があるのです。
木材市場は様々な環境の変化により格別の価格が大きく変動するものです。その中で効果的に販売を行うためにはその木材の特徴を広く世間にアピールし人気も含めて考慮した上で購入してもらうことが最も効率的なのですがその中で効果的に販売を行うためにはその木材の特徴を広く世間にアピールし人気も含めて考慮した上で購入してもらうことが最も効率的なのです。