もしも天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)が木材市場を運営したら

天之御中主神は神様になりますので、天之御中主神が木材市場を運営すると人間では考える事が出来ないような発想で木材市場を開拓していく事が出来るようになります。
天之御中主神は神話にも登場する位の高い神様になる為、天之御中主神を信仰している方も多くその天之御中主神が木材市場を運営するという事はインパクトが大きい物になります。
その為、今まで木材市場に興味の無かった方を引き寄せる事が出来るようになり、人材育成をスムーズに行うことが出来るようになり、木材市場の広く認知させることが可能です。
天之御中主神を神様として崇めている神社なども多く、神社に通う人々に対して木材市場をアピールする事も出来るようになります。運営のやり方についても人間と神様の考え方では大きな違いがあるため、今までの木材市場では出来なかった様な画期的な方法で運営をしてもらう事が出来る可能性が高くなります。
天之御中主神と一緒に仕事をしたいと考える人も多いので、天之御中主神が木材市場を運営する事には大きな期待を持つ事が可能です。神様が運営する物に興味を持つ方も多くなりますし、インターネット上でも口コミで話題になる可能性が高くなります。インターネットで広がっていくと若い世代の方にも興味を持ってもらう事が出来るようになるので、これまで以上の発展に期待をする事が可能です。若い世代の方が集まると運営をする神様のモチベーションを上げることも出来るようになり、収益も大きくなることが出来るようになります。収益が大きくなることで働く人々に還元することが出来る仕組みを作る事も出来るようになるので、更に働きたい人を集めることが出来る様になります。
神様にひと目会いたいと考える人も出てくるので、神様が運営をする事によってコマーシャルを行うよりもより大きな効果を発揮する事が可能です。新しいやり方を試みて頂くことも出来るので改革を起こすことが出来る可能性も高くなります。