もしもデビッド・ベッカムが木材市場を運営したら

デビッド・ベッカムはサッカーの世界では非常に人気の高いプレイヤーとして活躍し、そのプレースタイルもさることながら全盛期は髪型なども非常に話題となりました。実業家としても多くの成功を収めている人物ですが彼本人の実業家としての能力は未知数で、様々な種類のサポートにより多くの事業を実現してきたと考えられる側面も少なくありません。その彼が木材市場を運営した場合、その動向は非常に予測が難しい部分もあり、思わぬ成功を収める可能性がある反面、木材の価格が不安定になってしまう要素も含まれていることから何とも言えない不信感を招いてしまう危険もあると考えられます。
木材市場は現在世界的に非常に大きな転換期を迎えているといっても過言ではありません。日本では木造住宅のように非常にその需要が大きく、良質な木材は高値で安定した取引が行われている反面、安価な木材はその希少価値が徐々に高まっておりこれまでのような価格では購入できないものとなっているものも多いのです。安価な木材は基本的に無差別に伐採されるものから生産されることが多いのですが、自然環境の保護の観点からこのような乱獲は現在では禁止されており、丁寧に採取することが求められているため、あらかじめ緻密な生産量を予測し生産をする傾向へと変化しています。そのため緻密な予測に基づく運営が求められるのですが、デビッド・ベッカムのこれまでの行動から、地道に計画的に物事を行うと言う側面があまり見られないため、その木材市場の運営は非常に不安定なものとなってしまうと言う推測がされるのです。
デビッド・ベッカムのプレイの特徴は思いもよらない様々な特異性や瞬発力にあります。サッカーの世界では相手の意表をつく様々な行動は非常に効果的なものとなるものですが、木材市場の上の場合にはこのような行動は問題を発生させてしまうことも多いため、もしもデビッド・ベッカムが木材市場を運営した場合、優秀な人材がいなければ破綻してしまう危険性もあると考えられるのです。

 

トップへ戻る