もしも中田英寿氏が木材市場を運営したら

もしもサッカー日本代表として活躍した中田英寿氏が木材市場を運営したら、どのようなことになるでしょうか。中田氏といえば現役時代は攻撃的ミッドフィルダーというポジションで活躍した選手です。チームの中核となって、攻撃と守備の柱となるだけでなく、自らも積極的にゴールを狙って、数々の勝利に貢献してきました。そのような中田氏が木材市場を手がけることになった場合には、きっと全体的な視点に立って、木材の販売に手がけることになると思います。木材市場を運営する場合において重要になることは、木材の需要と供給を正確に見極めることです。市場で求められいる木材を的確に判断して、消費者が求めているものを市場で扱うことが重要になりますが、チームの司令塔として活躍してきた中田氏にはまさにぴったりの仕事です。チームの司令塔として常に試合の流れを全体的な立場から見てきた中田氏の能力を生かせば、今市場で求められている木材が何かを正確に見極めることは非常に簡単なことだと思われます。需要と供給をしっかりと見極めてバランスよく木材の販売を行うことができる中田氏の能力は、木材市場の中でも大きく生かされることでしょう。また中田氏は状況を的確に判断できる能力やバランスを取る能力だけでなく、時には積極的なプレイにも参加できるタイプの選手でした。得点をとるためには、時にはリスクの危険性のあるプレイにも果敢に挑戦してきました。そのような中田選手の決断力も木材市場の運営にとって大きくプラスになると思われます。人気のある木材を集中して市場で販売するなどの、状況に応じた積極的な販売形態を選択していくことで、市場にさらなる活気を呼び起こすことができると期待できます。サッカー選手として大きな功績を残した中田氏は、引退後にはサッカーだけでなくさまざまな分野に積極的に挑戦していることから、そうした豊富な経験も木材市場の運営に大きく役立てられると思われます。