もしも橋本徹氏が木材市場を運営したら

橋本徹が木材市場を運営することになった場合はまずは大阪を中心に木材の市場を再生していく可能性があります。特に大阪ではホームレスや失業者や日雇いの従業員、就職活動に失敗した学生など、人的資源が豊富にあるにもかかわらず、適切な仕事に恵まれずに生活しています。まずは大阪に溢れている失業した彼らに仕事を与えるために動き出すでしょう。特に木材の仕事は体力さえあれば解決できるものも多いので、木材市場に若年層を無条件で採用していく可能性が高いです。結果的に大阪の木材市場は供給量が底上げされ、安定した市場への介入が期待できます。しかし、地域の失業者層を取り込んで木材の供給量を底上げしても、需要が高まらなければ意味がありません。だから橋本徹は、大阪の木材を適切にプロデュースしていく可能性があります。例えば最近ではインターネットやSNSなどを使用して地域の木材をPRしていくのです。橋本徹は弁護士としても優秀ですし、政治家でも確実に功績を手に入れています。だからこそ橋本徹には人脈が豊富にあり、売れない木材が存在していたとしても周囲の助けも借りて適切に大阪の木材をプロデュースできるでしょう。結果的に大阪の木材市場は橋本徹のブランドによって全国に親しまれる可能性があります。それだけでなく大阪の失業者層を職場に復帰させることができたので、地元の住民からも感謝されます。以上の点から橋本徹が木材市場の運営を行うと、大阪を中心に失業者が木材市場に参入するようになり、彼の手腕によって適切に全国に地元発祥の木材ブランドが展開していく可能性があります。もちろん地域の治安や経済に加え、過疎化まで改善されていくので、大阪に人が更に集まっていき、結果的に木材市場が世界展開されて運営されるようになるでしょう。それだけでなく、規模が拡大したとしても、橋本徹は適切にマネジメントを行って市場の問題点を適切に分析して対策を行うことが多いです。