もしも豊臣秀吉が木材市場を運営したら

「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」、この一言に全てを詰め込まれた天下人だった豊臣秀吉がもしも木材市場を運営したらインターネットに着目するはずです。
木材市場を運営していくうえで欠かせないのは森林資源の管理と販売ルート、そして加工工場が最低限求められます。
しかし現状その最低限の要素とも言える森林資源の管理すら不透明となっており、それどころか森林資源そのものの未来ですら不安視されているのが現状です。そのため市場は不景気であり、人手不足も深刻といっても過言ではありません。けれども市場や雇用を改善させるには莫大な資金が必要になります。
統治した時代は短いものの、天下人になった豊臣秀吉ならまず資金調達から始めるはずです。
農民出身である豊臣秀吉は大名出身の武将たちよりも資金の力をよく知っていたとされます。当時の武将たちにとって銭は不浄なものと扱われており、現在のような価値観ではなかったようです。実際に明治時代になるまでは銭の代わりとなっていた米が重要視されています。この銭もとい資金に関する扱いが上手かったのが織田信長と豊臣秀吉で、それゆえに天下人になったとも囁かれているほどです。
そんな秀吉なら資金調達は絶対に外せないものの、同時に自分への負担は避けるために動くと推察できます。
豊臣秀吉が戦場で好んだ策は兵糧攻めや水攻めといった相手の士気を挫くような戦法です。これについては賛否両論あるものの、はっきりしているのは自分へのダメージをなるべく避けようとする近代的な考え方が伺えます。
そうなると豊臣秀吉がクラウドファンディングを活用しないわけがないです。
現在最も手軽で効果的な資金調達法であるクラウドファンディングは秀吉が長けた心身掌握術を活用しやすく、またこれから始める市場の運営の足掛かりにもなって一石二鳥です。クラウドファンディングで知り合った人だけでなく、ネットは様々な人間がいる場所でもあります。人材の育成や有効活用を好んでいた秀吉にとってインターネットは着目すべき要素が数多いです。資金調達が成功した後は総合的な改善の促進をしながら雇用を見直しつつ、海外進出にも興味を持つかもしれません。