もしも大崎善生氏が木材市場を運営したら

もしも小説家である大崎善生氏が木材市場を運営した場合、どのようなことが期待できるでしょうか。大崎氏といえば、吉川英治文学新人賞や講談社ノンフィクション賞など、これまでにもさまざまな文学賞を受賞してきた才能のある作家です。大崎氏の作品は将棋の世界を題材にした物語が多いのが特徴ですが、そうした大崎氏の将棋に関する深い知識も、木材市場の運営に広く役立てられると思われます。将棋の世界で重要になるのが相手の先を読むことができる能力です。相手が考えていることの十手先の展開を読むことで有利な勝負をすすめることができます。そのような厳しいプロ棋士の世界を描いてきた大崎氏だからこそ、その木材市場の運営も、より先のことを見据えたものになると思われます。現在流行している人気の木材だけでなく、これから需要が増えるであろう木材が何かということを正確に分析して、前もって需要の増大に対処できるような体制を整えていくことでしょう。また将棋の世界では手駒をその能力に合わせて有効に活用していくことも重要な要素となります。飛車や角だけでなく、香車などの使いにくい駒も上手に動かしていくことが勝敗を左右する大きなポイントになる場合も多いです。そのような棋士の慎重なやりとりをしっかりと描いてきた大崎氏だからこそ、より的確な木材市場の運営が可能だと思われます。市場で働いている人の能力を的確に見極めてそれぞれに最も適していると思われている仕事に配置することで、市場全体がより活気に満ちたものになっていくことが期待できます。また、人間だけでなく木材それぞれの特質に応じた販売方法を採用することも、大崎氏には期待できます。王将や金将のように非常に貴重に高価な木材から、簡単に入手できてどこにでも使いやすい「ふ」のような木材まで、素材ごとに最適な市場を設定して販売してくれるのではないでしょうか。将棋の世界を描いてきた小説家だからこそ、大崎氏にはそうした慎重な運営が期待できます。