もしもエミール・ガレが木材市場を運営したら

エミール・ガレはアールヌーボーを代表するガラスを使用した陶器や家具のデザイナーですが、数多くの素晴らしい作品を残して日本でも愛されています。そんなエミール・ガレが、もし木材市場を運営していたら、森を守りながら安定した木材供給ができることに尽力したと考えられます。その理由として、エミール・ガレは小さいころから文学や哲学だけでなく、植物学でも優れた成績を収めた実績を持っています。デザイナーになってからは花を活けた時により美しく見せるために、それぞれの植物の特性を見極める優れた能力を持っていました。その能力を生かして、木材市場を運営するときに伐採した後に植樹をする時期や周期を理解していたと考えられます。木は数年で成長するのではなく、何十年という単位で少しずつ大きくなっていきます。住宅の建築資材に使用できるようになるまでは、100年を超えている木材も少なくありません。そのため一度伐採をしたら、そのままの状態で放置をしていても新しい木が育たない可能性があります。そこでエミール・ガレは伐採と植樹をすることは1つのセットだと考える運営を行い、安定した木材供給ができるようにしたと考えられます。またエミール・ガレはガラスを駆使した作品を発表していますが、どれもあたたかみがあるものばかりです。そのためリビングや寝室に飾られるような作品が多いので、それを設置するときのチェストなどもこだわったものにしたいと考える可能性が高いです。チェストは優れた木材を材料として制作すれば、100年以上は維持することができます。ひと世代だけでなく、子供や孫、その先の世代まで受け継いでいけるような木製家具を作ることができれば、エミール・ガレが作ったガラスのランプや花瓶ともぴったり合うようになります。エミール・ガレが木材市場を運営したら、こだわりの木材を使った家具とガラス細工をセットにしたものがさらに市場に広がる可能性があったでしょう。