もしもカーネル・サンダースが木材市場を運営したら

カーネル・サンダースは有名な経営者ですが、木材市場の運営をしていたら特別な方法を行っていた可能性があります。ある以上の年齢になって事業を起こした人物なので、今までの経験を活かしたビジネス戦略を行っていたでしょう。アメリカには多くの木材が存在しているため、それを売買するビジネスも大きく人気があります。カーネル・サンダースならば果敢に新しい分野に参入して、特別な商売をしていた可能性が高いです。
木材市場の運営は長期的な計画がいるので、十分に計算をしてから行動しなければいけません。成長が遅い木材は利益を得るために何十年もかかるので、すぐに利益を得られるファーストフード店とは違います。そのため長期計画を考えて事業をして、将来の利益を計算してビジネスを行わなければいけません。カーネル・サンダースが木材市場を運営していた場合は、商品の管理や付加価値を高める点を重視するといえます。食品の加工で大きな利益を上げた人物なので、木材に関しても同じビジネスをしていたでしょう。
ビジネスのために木材市場を運営する時は、商品を売るための流通も重視しなければいけません。木材の需要のある地域に運ぶための方法や、その作業を頼める会社との協力関係も必要になります。人から信頼されていたカーネル・サンダースならば、そのような時に柔軟に対応していたといえます。多くの人脈を使って効果的な取引をして、木材市場に大きな変化を起こす仕事をしたでしょう。
経営者として尊敬されていたカーネル・サンダースは、製品の加工と流通システムの効率化を重視していました。木材市場の運営をしていた場合も、同じように加工や流通を重視した可能性が高いです。ある以上の年齢でビジネスを始めたカーネル・サンダースだったので、自分自身が木材を運ぶ作業をしなかったかもしれません。しかし流通などに詳しかった人物なので、効率の良いビジネスの仕組みを作り上げていたでしょう。