もしもベーブ・ルースが木材市場を運営したら

ベーブ・ルース自身は経営者としての手腕があるとは言いにくい人物だけに、本人が力を入れて木材市場の運営をするのであれば、成功する可能性はあまり高くないと考えられます。
しかし、ベーブ・ルースの持つキャラクター性を活かして難しい部分は周囲に任せ、自らが木材市場のシンボルとして活動をしていくのであれば、大きな成功を掴むことができる可能性は十分にあるでしょう。

 

ベーブ・ルースは言わずと知れたメジャーリーグの偉大なる本塁打王であり、今尚野球史の中でも最強のバッターとして語り継がれています。
打者の商売道具と言えばバットであり、バットの素材といえば木材であることからベーブ・ルースが木材市場を運営することは非常にメリットが大きく、見通しの立たない木材市場に光を与えてくれること間違いありません。
影響力の大きな野球選手が運営をしているというだけで注目を集めることになりますから、それだけでも市場にとっては大きなメリットがあります。
それに加えてそこから野球に興味を持ってくれる人が増え、野球人口が増えればバットの需要も増えることになり、木材の需要が増えることになります。
また、全国各地に野球場が誕生することになれば、木材を使用する部分もありますからそこでも需要が増えることになりますし、ベーブ・ルースの影響からあえて木材を使うということも考えられます。
このように木材と関わりのある人物であり、更に多くのファンがいる人物であるだけにベーブ・ルースが木材市場を運営すると野球に関する部分だけで需要を掘り起こすことができるのです。
もちろん、これだけで将来が安泰になるというわけではありませんし、全体的な需要で見れば野球に関するものは微々たるものです。
それでも何かしら注目をされるかどうかで将来は大きく変わってきますし、そこから別の部分に派生をして木材の需要が激増することも考えられるため、ベーブ・ルースが運営をするのは木材市場にとってはかなりのプラスと考えることができます。