もしもビートたけしさんが木材市場を運営したら

先行きの暗い木材市場だけにこの状況を打破するためには、著名人がもしも木材市場を運営したらどうなるのかということを考えてみるのも効果的なものとなります。
ビートたけしが木材市場を運営することになれば、持ち前のお笑いのセンスをミックスさせて新たな市場を開拓してくれること間違いないでしょう。
多くのファンがいる超有名人であるだけに、ビートたけしの発言が木材市場の関心を抱かせるのには非常に効果的なものであり、テレビなどで現在の木材市場の状況をジョークを交えながら語り、多くの人に興味をもたせてくれると予想をされます。
それだけで市場の先行きが明るくなるほど甘い話ではありませんが、多くの人に興味を持ってもらうということは何より大事なことですから、それだけでもビートたけしが運営をする価値は十分にあると言えます。

 

もちろん、頭のいい人ですから多くの人に興味を持ってもらうだけでは不十分だということを理解していますから、更にそこから根本的な改革に取り組んで行くことになります。
その際にどのような手法を持ってして、テコ入れをしていくのかはさすがに予想がつくものではありませんが、一つ言えることは根本的な部分の改革にしても、ビートたけしの影響力を上手く利用して改革をしていくということです。
本人もビートたけしというブランド力が大きな力を持つことを理解しているわけですから、それを無駄にする手はありません。
直接本人が運営に力を入れて先導していくことはないかも知れませんが、優秀なブレーンを抱えて自らが広告塔となり木材市場を率いてくれることでしょう。
今までの常識を打ち破って様々な試みをして、多くの人のハートを掴んだ人物であるだけに木材市場を運営してもらうには非常に面白い存在であることは間違いないため、低迷しているこの業界の未来のことを考えるとビートたけしに木材市場を運営してもらうことはまんざら悪いものではないと言えます。

 

トップへ戻る