もしもペリー提督が木材市場を運営したら

ペリー提督は日本に開国を迫った人物であるだけに、木材市場を運営をさせても新たな市場の開拓に力を入れてくれることでしょう。
そのやり方というのは強引なものがあるかも知れませんが、ジリ貧な業界であることを考えると、むしろこれぐらいの力強さが必要であり、ペリー提督の強気な姿勢というのは今の木材市場にぴったりだと言えます。
もちろん、単なるゴリ押しではなく押し引きを考えながら相手にもメリットを感じさせ要求を飲ませるテクニックを駆使してくれるので、上手に市場の新規開拓をしていくことが予想されます。

 

ただし、ペリー提督に木材市場を運営させれば安泰かと言えば決してそうでもなく、影響力の小さな市場であるだけにいくらペリー提督と言えども簡単には行かないというのもまた事実です。
ペリー提督が開国を成功させることができたのは本人の交渉力もありますが、すでに列強国の仲間入りをしていたアメリカという巨大な国の後ろ盾があったからに他なりません。
それだけに木材市場のような小さな規模の市場を率いて、新たに需要を獲得していくのはペリー提督であっても容易では無いと考えられます。
可能性としてはこれほどまでに偉大な人物であっても、斜陽産業を上向きにすることができなかったという結末になることも十分に予想できるだけに、彼に任せておけば安泰というものではありません。
安泰というものではありませんが、先行きの暗い木材業界において大きな影響力があり、カリスマ性を発揮することができる人物が率いてくれることは大きなメリットがあり、希望の光になってくれるのも事実です。
どのような結果になれども現在の木材市場に大きな変化を与えることは間違いないだけに、ペリー提督が木材市場を運営するのは非常に面白いことだと言えます。
一人のカリスマが業界を変えてしまうことは決して珍しくはないだけに、ペリー提督が木材市場を運営することになったときには、その動向から目を離すことができません。