もしも源義経が木材市場を運営したら

源義経は平安時代の後半に活躍した武将の一人で、鎌倉幕府を設立するために大きな貢献をした人物です。自分の兄と協力しながら、対立する相手を打ち負かしていきました。これには綿密な計算が必要不可欠なことで、しっかりとした考えを持ち合わせていなければ実現することは不可能です。自分一人のことだけを考えていては人を動かすことができないため、多くの人材が必要となる木材市場の運営にも向いていると言うことが可能になります。大きな力を持つ相手を打ち負かすためには、多くの時間を費用や人の助けなどが必要です。大きな目標を達成するためには、多くの人から慕われることも大切なことになります。木材市場の運営もこれに似たような側面があり、森林資源を活用するためには多くの人の力が必要です。緻密な計算と人から慕われている源義経なら、重労働になりやすい森林資源の保護や育成などもしっかりとできるはずです。木材市場を活発にさせるためには、森林資源の育成だけでは達成することが難しくなります。強力な相手を打ち負かす原動力となった源義経の元には、力のある人物が多く集まって来ていたことが大きな特徴です。自分一人だけの力では困難になりやすい木材市場の運営ですが、多くの人材が集まっている源義経なら安心して任せることが可能になります。自分勝手に振舞うような人物は、人から慕われることがなく孤立してしまうことが少なくありません。自分よりも相手の立場になって考えることができなければ、有能な人物でも孤立無援になってしまいます。多くの人が源野義経に魅力を感じたため、協力を惜しまず助けとなって働いていたことも特徴の一つです。このように多くの人物を動かすことができる源義経なら、木材市場を運営する立場になっても変わることが考えられます。木材市場の運営に関わる仕事を源義経に任せることが可能ならば、安定した経営を多くの人材と協力しながら続けることが可能です。