もしもアンドリュー・カーネギーが木材市場を運営したら

アンドリュー・カーネギーはスコットランド生まれのアメリカ人でありながら、カーネギー鉄鋼会社を運営して巨額の富を築き上げた素晴らしい実業家です。アンドリュー・カーネギーが木材市場を運営することになれば、従業員の保護だけでなく市民の利益を中心に木材市場を開拓していく可能性があります。現在の木材市場は経営者が収益を一方的に搾取しており、末端の林業従事者などは薄給での業務を強いられています。それだけでなく、木材市場の人的資源の流出についても適切な対策が行われていません。このような状態が長期間継続されてしまうと、木材市場はいずれ破綻してしまう可能性があります。だからアンドリュー・カーネギーはこの破綻寸前の市場を改善させるためにも、市場の人的資源の確保と木材市場の安定化を推進していく可能性があるのです。具体的な方法としては、林業や木材関係の雇用緩和政策を徹底していくでしょう。現在の木材業界では、一定の水準の従業員でなければ採用されることがなく、雇用の条件が厳しくなっています。それだけでなく就職したとしても、手に入る給与が少ないので結果的に誰も就職しないのです。アンドリュー・カーネギーはこの状態を打開するために、まずは雇用の緩和政策を徹底します。雇用の緩和によって、木材業界に就職する際の条件を排除して誰でも自由に参加できるようにするのです。こうすることで市場の人的資源の流出を防ぐことができます。続いて、従業員の給与の底上げを徹底していくでしょう。もちろん給与を単純に上げたとしても、支払うことができなければ会社組織は破綻します。だからアンドリュー・カーネギーは木材市場を顧客目線で考えて商品の展開をしていくのです。具体的には顧客が手に取ってもらえるような木材製品を開発していきます。木材加工の分野においては機械による自動化も可能ですが、職人の技術によって更に高度なものを開発することは可能だからです。