もしも徳川家康が木材市場を運営したら

木材の歴史は古く、木材に関する最古の記録は日本書紀です。
日本書紀には40種類以上の樹木が記録されています。
縄文時代から現在まで日本人は様々な理由で木材と関わっています。
生活をするための住宅や家具、燃料など木材は生活に欠かせないものです。
日本には木材を積極的に利用する木の文化があります。
日本の住宅は輸入木材に頼る時代が続いていますが、国内産の質の良い木材は海外からも高い評価を受けています。
需要があるので木材市場の運営は比較的順調に行われていますが、木材の流通は複雑なので大変なこともあります。
もしも徳川家康が木材市場を運営したら、現在の様々な問題をスピーディーに解決できるかもしれないです。
徳川家康は江戸幕府の初代征夷大将軍で、戦国時代に平和をもたらした人物としても知られています。
海外でも徳川家康の評価は高く、外国で販売されている世界史の本の多くに徳川家康の名があります。
1942年に岡崎で誕生した徳川家康は幼少期を人質として過ごします。
有名な桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にすると織田信長と同盟を結び、信長が本能寺の変で死ぬと豊臣秀吉の政権下で最大の領地を得ます。
秀吉の晩年には大老筆頭となり、秀吉が亡くなった後に起こった関が原の戦いでは西軍に勝利して1603年に征夷大将軍に任命されます。
江戸に幕府を開いた徳川家康は、応仁の乱から100年以上続いた戦乱の時代を終結させます。
徳川家康が天下を取れた理由には様々な説がありますが、そのひとつに学習力があります。
戦国時代は予測できないことが連続した時代で、本能寺の変で織田信長が死んだことも予測できなかったことです。
家康が厳しい戦国時代の中で生き残って天下を取ることができたのは、人質時代から現実を分析して学習する能力が突出していたからだといわれています。
実践の結果から次の手を打つことで、さらに多くを学ぶことができた徳川家康の戦略は現在でも活用できます。