もしも石井竜也さんが木材市場を運営したら

カールスモーキー石井こと石井竜也さんが木材市場を運営するとしたら、まず専門的な知識を備えたオペレーターもとい優秀な人材の雇用から始まると推測します。
1985年に「米米CLUB」のボーカリストでデビューした石井竜也さん、彼のその後の芸能人生は多彩でありながらも波瀾万丈です。一世を風靡した「米米CLUB」は年月とともに勢いをなくしていき、それを回復するために石井さんは1996年に第2監督映画「ACRI」に賭けたものの、興行は上手くいかなかったせいで「米米CLUB」は1997年に解散しました。いわば当時の芸能活動の居場所がなくなったわけですが、石井さんには工業が上手くいなかかったせいで15億円の負債を背負う結果も付きまといます。一時は自殺を考えたと本人は告白しているほど深刻なものでしたが、父親に励まされてその後はソロ活動やアートパフォーマンスに意欲的に取り組んで芸術家や音楽プロデューサーなど数多くの肩書を持つ事に成功しました。そんな石井竜也さんが木材市場を運営するなら今までの人生にはなかった業界の常識やノウハウを手っ取り早く知るために、また音楽プロデューサーなど人にアドバイスをしてきた経験を活かすために自分の周辺に優秀な人材を置くはずです。
そうして運営の基礎が出来たら、次は石井竜也さんならではの個性を生かすと考えられます。
石井さんはチャリティー企画や活動に積極的で、世界平和や自然保護を主張するイベントはもちろん東日本大震災のような災害復興を主にした支援もしているほどです。これらの経験を活かして販売戦略を行い、同時に世間に木材市場を意識するように誘導して木材の使用を活性化させていけます。石井さんの人脈は素晴らしく、ツイッターだけでも1万人以上のフォロワーがいるのでネットでの活動に期待大です。
付け加えるならチャリティー活動は木材市場の基本中の基本でもある森林資源の確保にも繋がるため、総合的に効果的でもあります。