もしも吉川英治氏が木材市場を運営したら

吉川英治は明治25年、1820年に横浜で生まれた小説家で、代表作鳴門秘帖を始めとした作品で知られます。
彼は小説家になる前に、多種多様な職についた経験がありますから、木材市場を運営することになっても上手くやっていける可能性があると思われます。
吉川英治は30歳になってから小説家の道を歩み始めているので、木材市場の運営も同様に、ある程度人生経験を積んでから挑戦すると想像可能です。
人生の道程は決して平坦ではありませんでしたが、才能を開花させることに成功して、多くのファンを獲得する人気作家になっています。
木材市場の運営がもし天職だとしたら、同様に人気を手にして人々に慕われることになるでしょう。
実際の吉川英治は、人生を掛けて240もの作品をこの世に残していますから、木材市場の運営も長くコツコツ続けると考えられます。
勿論、この職が自分に合っていると感じた場合が大前提ですが、それでも吉川英治ならコツを掴み天職にしてもおかしくないといえます。
国民的な文学作家という肩書を得ているので、他の職においても国民から愛される木材市場の運営者になり得ます。
吉川英治は、我以外皆我師や朝の来ない夜はないといった言葉を座右の銘にしていますから、木材市場の参入者達をお手本に、謙虚に毎日学び続けるはずです。
運営に関する知識は、経営者を中心に学ぶと想像することができますし、木材の知識も精通する人物に教えを請うでしょう。
人々の心に残る人物で、今も長く影響を与え続けているのが吉川英治ですから、木材市場の運営を行っても影響力を残し続ける可能性が大きいです。
コツコツと真面目に沢山の成果を残している人物なので、仮にもし木材市場の運営に着手したならば、作品作りに似た商品開発を行い、新たな市場を開拓すると見られます。
人生経験が豊富で失敗も成功も知ってしますから、教えを受けながら試行錯誤をしつつ、市場を上手に軌道に乗せて活発にすることができるでしょう。