もしもアインシュタインが木材市場を運営したら

日本には多くの遺跡がありますが、縄文時代の遺跡を調べてみると当時の人々が木の種類と性質をよく知り上手に利用していたことがわかっています。
昔から木の文化が根付いている日本は、現在でも森林国家として知られます。
生活の中に木を取り入れて豊かで快適に生活できるように工夫してきたので、日本の文化には欠かせないものです。
現在は建築や土木、家具など木材としての利用が半分以上を占めています。
現代の特徴は紙やダンボールの使用が多いことです。
紙やダンボールの割合は4割以上を占めています。
国産の木材の中では檜の人気が高く、多くの用途に使われています。
品質の高い日本の木材は海外でも人気があります。
住宅用の木材は輸入されたものが多いですが、国産の木材も注目されています。
中国が日本の木材を大量に輸入していることから、木材市場にも活気があります。
停滞していた林業が上向きになり木材市場にも活気が戻ってきましたが、木材市場の運営には様々な問題が出ています。
もしもアインシュタインが木材市場を運営したら、優れた頭脳を駆使して問題を次々と解決していたかもしれないです。
アインシュタインは1879年にドイツで生まれた理論物理学者で、相対性理論で有名です。
それまでの物理学の認識を根本から覆した功績は大きく、1921年にノーベル物理学賞を受賞しています。
アインシュタインは5歳のときに父親から方位磁針をもらって自然界の仕組みに興味を持ちます。
幼少時は言葉を出すのに時間がかかる子どもでしたが、数学に関しては傑出した才能を認められています。
9歳のときにピタゴラスの定理を知って自力で定理を証明し、積分学と微分学も独学で習得しています。
大学はスイスの名門大学を入り、卒業の歳に数学と物理の教員試験に合格します。
特許庁に勤めていたアインシュタインは、1912年にチューリッヒ連邦工科大学の教授に就任しています。
1922年3月にフランスを訪れ、11月には日本にも訪れて大正天皇に謁見します。
アインシュタインがノーベル物理学賞受賞の知らせを受けたのは日本に向かう最中で、日本を出国した後にスウェーデンでノーベル受賞の講演を行っています。