もしもアガサ・クリスティーが木材市場を運営したら

ミステリーの女王とも呼ばれるアガサ・クリスティーが運営する木材市場では、様々な事件が起きると考えられます。
特に殺人事件が数多く起きると予測されるので、アガサ・クリスティーが運営する木材市場の評判は悪いかもしれません。
しかしアガサ・クリスティーが運営する木材市場で起きた事件は、必ずと言って良いほど解決します。
殺人事件が起きても必ず犯人が判明し逮捕されるので、安心感があると言えるかもしれません。
もしアガサ・クリスティーが運営する木材市場で事件を起こすと、必ず逮捕され罪を償う必要があるなら、犯罪を犯そうとしている人物は近づきたくないでしょう。
そうするとアガサ・クリスティーの木材市場に善良な人々ばかり集まってきますから、安全性は非常に高くなります。
運営者から様々な事件が起こるとイメージしてしまいがちですが、意外と平和な取引ができる可能性もあります。
平和な取引が行われるということは、木材市場は公平と言えます。
売り手が低品質な木材を高く売りつけたり、違法伐採など問題のある木材が入り込む余地もなくなり、世界でも健全な木材市場をアガサ・クリスティーは運営することになるかもしれません。
しかし公平で健全であるということは、非常に重要なポイントです。
近年の世界の木材市場は、違法な伐採によって切り出された原木や現地の人々に利益を還元しないブラックな仲介業者が多く、NPO団体に違法性を指摘されるケースは少なくありません。
そのため末端の木材製品を販売する会社も取引履歴をしっかりと観察しており、違法性が認められれば取り扱わないケースもあるほどです。
信頼性が高い市場で木材が取引されるなら、多くの会社が利用することになるでしょう。
ミステリーの女王であるアガサ・クリスティーが運営しているなら、知名度が高くそれだけで安心感があります。
人気も多く集めて、アガサ・クリスティーが運営する市場で取引された木材が世界中に広がっていくと予想されます。