もしも孫正義氏が木材市場を運営したら

孫正義が木材市場を運営することになれば、他の業界と上手く手を組んで市場の拡大をしてくれることが考えられます。
誰もが知る日本の偉大な実業家の一人であり、その手腕に関しては世界が注目をする人物であるだけに、木材市場のような斜陽産業でも注目をされるような何かをしてくれることは間違いないでしょう。
先を見る目に関しては誰にも負けない眼力があり、木材市場の新たな活路を見つけてくれることが期待できます。
とにかく貪欲に新たなことに挑戦をしていくのが孫正義の大きな特徴ですから、木材市場だけにとどまらず他の分野と結びつけて市場の拡大をしていくのは既定路線だと言えるでしょう。

 

例えば孫正義がもっとも得意とするIT分野と木材市場を融合させて、新たな市場を獲得するというものです。
全く繋がりがないと思われるこのふたつの業界を結びつけてしまうのが、孫正義のやり方であり、今までの常識を覆した運営を見せることは容易に想像ができます。
更に積極的な買収をしていくのも孫正義流であり、ジリ貧となりつつある木材市場の企業をどんどん買収をしていきいい部分を合体させて、立ち直らせてしまうのも期待される運営手法の一つだと言えるでしょう。
取捨選択が非常に上手いだけに駄目なところはさっさと見切りをつけてしまい、伸びそうな部分には積極的に力を入れていくだけに、メリハリのある運営を行うことになり、いつの間にか業界全体を立ち直らせてしまうという寸法です。
ただし、これらのことが簡単にうまくいくとは限らず、いくら孫正義であっても厳しい木材市場を簡単に上向きにすることは難しいでしょう。
それでも、難しいとされることに対してはよりファイトを燃やして積極的に挑戦をしていく姿勢を持つ、孫正義であるだけに木材市場の運営に乗り出してくれれば大きな希望の光となってくれることは間違いありません。
今の業界に必要なのは孫正義のような、大きなカリスマを持つ人物だと言えます。