もしもウォルト・ディズニーが木材市場を運営したら

ウォルト・ディズニーとは全世界で有名な世界最大のテーマパークの創設者です。テーマパークのグランドデザインだけでなく映画やグッズなどのキャラクタービジネスにも成功しており、ウォルト・ディズニーが構想した様々なキャラクターが色々な舞台で活躍しております。具体的な名前は避けますが、全世界で通用する非常に有名なネズミのキャラクターの生みの親がウォルト・ディズニーだと言えるのです。日本にも千葉県にウォルト・ディズニーのテーマパークの日本版が存在しています。豪華な作りと豊富なアトラクションから、夢の国と呼ばれる日本最大級のランドとして知名度は抜群に高いです。
ただしウォルト・ディズニーは慈善活動を活発に行ってはいますが、会社経営はキャラクターやテーマパークに専念しているため木材市場の運営には手を出していません。木材市場とはまったく関係ない分野の天才だと言えるでしょう。もしもウォルト・ディズニーが木材市場の運営に挑戦したとしても、成功するか失敗するかは誰にも分かりません。単純に畑違いの分野で才能を発揮している人物なので、木材市場での活躍が未知数というのが世間一般の認識だからです。今後ウォルト・ディズニーが木材市場の運営に乗り出す可能性も、現在のところは極めて低いと言えるでしょう。
では日本の木材市場は堅調なのかというと、決して悪くない水準で運営している会社や事業者が多くなっていることから堅調であると言えます。日本産の木材の海外への輸出も、逆に海外からの木材の輸入も滞りなく行えているというのが現状です。極一部のアジアの地域を除き、日本が多くの外国と良好な交友関係を維持していることと日本産木材の品質の高さが国内木材市場に良い影響を与えているといったデータがありますので、日本のみで言えば当面は安全だと捉えておいて構わないからです。ちなみに日本の木材市場における最大の取引先は、ウォルト・ディズニーの出身国であるアメリカとなっています。