もしもオードリー・ヘプバーンが木材市場を運営したら

日本は森林が多く国で、質の良い木材は世界的に高い評価を受けています。
木材の流通経路は複雑で、木材の生産業者が森林の所有者から立木を購入して木を伐採します。
伐採された木は原木市場へと搬出されます。
大きな組織の場合は自ら伐採と搬出を行うところもあります。
人手不足が問題になっている業界なので、森林組合が人手不足で間伐できない林家に変わって伐採することもあります。
伐採した木は原木市場まで運ばれて専門業者が丸太を購入します。
木材の需要は大きく輸入に頼ってきた日本ですが、最近は国内の木材も人気を集めています。
木材市場の運営も順調ではあるものの、様々な問題があります。
もしもオードリー・ヘプバーンが木材市場を運営したら、スムーズに問題を解決できるかもしれないです。
オードリー・ヘプバーンは世界的な大女優として知られています。
AFIの最も偉大な女優50選では第3位になり映画界やファッション界でも愛され続けています。
ベルギーのブリュッセルで誕生したオードリー・ヘプバーンは、第二次大戦中はドイツ軍が占領していたオランダにも住んでいたことがあります。
バレエを5歳の頃から始めていたオードリー・ヘプバーンは、バレエを学ぶためにロンドンへ渡ります。
イギリスで数本の映画に主演し、アメリカのブロードウェイでは舞台の主役を演じます。
映画では主演したローマの休日が大ヒットし、一躍国際女優として脚光を浴びるようになります。
ローマの休日以外にも多くの優れた作品に出演したオードリー・ヘプバーンは、アカデミー賞の他にゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞を受賞しています。
舞台では1954年にトニー賞を受賞し、死後にグラミー賞とエミー賞も受賞します。
オードリー・ヘプバーンは後半生のほとんどを国際連合児童基金の仕事に捧げます。
恵まれない人々への長年にわたる多大な献身に対して、アメリカ合衆国から大統領自由勲章を授与されています。