もしも糸井重里氏が木材市場を運営したら

現在のようにスマートフォンやパソコンが一般に普及しておらず、インターネットの回線も光回線ではなかった90年代に既にインターネットが有する可能性を見出し、ウェブサイトという新たなるメディアを用いてエンターテイメントの発信を行っていったのが糸井重里さんです。
元来、コピーライターとして大活躍し現在も語り継がれている多くのコピーを生み出した糸井重里さんは、マーケティングに関するあらゆる事を熟知している上、ゲームの設計開発も行った経歴があるため木材市場の運営に携わった場合には、人材の確保に繋げられる魅力的なコピーと共に木材市場にエンターテイメント性が持たせられるようになります。
現在の木材市場の現状は、日本国内では世界的に見ても上質な木材が採取できるのにも関わらず、林業従事者として活躍している方や目指している方が多くないというジレンマに陥っています。
根本的に少子高齢化が林業従事者の減少に繋がっているという側面もありますが、現代人における若年層を中心に木材市場が持つ魅力と携わる楽しさに気が付けていないという一面も大いに影響しています。
そこで、糸井重里さんが木材市場に参入し運営を開始すると、若年層を中心に思わず一歩を踏み出したくなるコピーを発信しつつ新しいスタイルの提案を行う事が可能になるので、産業の中でも特に歴史が古い木材市場がまるで先進的な市場のように様相を変えて生まれ変わります。
また、糸井重里さんは自身でも会社を経営しており経営者としての一面も持っていますが、コピーライターのみならず経営者でも手腕に注目を集めているのは、従来の惰性的に行われてきた働き方を見直し効率的な働き方の提案を行い、積極的に業務形態として取り入れているためです。
特に注目を集めたのが1日に8時間労働を行うという考え方の見直しであり、固定概念に縛られる事なく臨機応変に労働時間に至るまで見直しを行うからこそ、木材市場では短期集中型の作業によって効率化と安全性の両面が向上します。