もしもキュリー夫人が木材市場を運営したら

キュリー夫人は物理学者としてだけでなく、発明家としてもかなり優秀な人物です。だから木材市場に介入して運営を行うことになった場合は、木材の特性を物理学の面から判断することになります。特に、物理学の根本を把握しているので、木材を使用する適切な場所を把握しているのです。またキュリー夫人は女性に対する偏見や差別的な見解に対して、厳しい態度を取っています。だから現代社会にキュリー夫人が現れて木材市場を運営することになった場合は、女性従業員の参加を推進していく可能性が高いです。木材のプロデュースを行うときにも、物理学の見地から強度や耐久性に加え、特殊な環境下での状態変化など幅広い条件での研究を推進していきます。結果的に適切な商品展開ができるようになるでしょう。それだけでなく、物理学と木材を応用した新たな物質を発見してしまう可能性も秘められています。だからキュリー夫人が木材市場を運営することになった場合はその結果は未知数であると言えます。特に女性従業員を木材市場に参加させる試みは、日本各地でほとんど見当たらず成功例も報告されていません。キュリー夫人が運営する市場が小規模なものであったとしても、マスコミはこれらを報道して世界規模で注目されることになるでしょう。女性従業員を木材市場に参加させ、独自の見地から木材のプロデュースを行うことができるのは彼女しか存在しません。以上の点から、キュリー夫人が木材市場に参加した場合は、市場全体に旋風を巻き起こす可能性が高いです。女性従業員の増員と、木材の新たな特性の発見などは、かなりの影響力があるので市場全体が大きく変動してしまう可能性があります。キュリー夫人の試みが失敗したとしても、女性に対する差別や偏見などは更に低減され、良い方向に変化する可能性は高いでしょう。キュリー夫人のような方が参加することで、後を追った日本の木材市場の経営者の中に女性の方が増えていく可能性もあります。