もしもケインズが木材市場を運営したら

ケインズが木材市場を運営した場合には、非常に高い効果を生み需要と供給のバランスが取れた効果的な運営を行うと考えられます。ケインズは現代の経済の基本的な考え方となる、賃金と消費活動のバランスについて最も最初に提唱した人物であり、現在では一般的と考えられている、物価の引き下げは一時的には大きな消費活動を生み出すかもしれませんが結果的には労働者の賃金を引き下げる要因となり、最終的には消費活動を引き下げてしまうという理論を初めて提唱した人となっているのです。
木材市場の現状は需要が世界的に非常に落ち込んでいる傾向があります。日本国内でも木造住宅の新築数が減っており、木材の消費が落ち込む傾向にあるほか、世界的にも木材の需要が落ち込んでいる傾向があるのです。その反面、木材自身の消費を抑える地球環境保護の観点からの使用を抑制しようとする動きも強まっていることから、加速度的に木材市場の需要が落ち込んでいる傾向があります。
ケインズが木材市場の運営を行った場合には、第一に木材の価格を正当に評価し、その費用に見合った賃金を設定するとともに様々な需要の状況を調査しながら適切な賃金を設定した中で再度木材の価格を設定する様な動きをすると考えられるのです。
しかし、ケインズは経済学の専門家ではありますが、実際の実業家としての能力は未知数であることから、場合によっては現状の木材市場の状況を悪化させるかもしれない要因を含んでいる可能性もあります。その理由は、ケインズは現状分析の能力は非常に優れていますが、現状を改善させる能力は未知数であるためです。現在の木材市場を分析することも必要ですが、その状況を打破し状況の改善を行なわなければならないことが運営者には求められるため、この面に関しては効果的な運営を行う事ができないと考えられる面もあるのです。
ケインズが木材市場の運営を行った場合には現状分析は適切に行われる可能性が高いのですが、状況の改善を行う事は難しいめんがあります。