もしもシュバイツァーが木材市場を運営したら

シュバイツァーは、フランスとドイツで領有権争いが絶えなかった現在のフランス領アルザス・オー=ラン県ケゼルスベールの牧師の息子として生まれた事から熱心なキリスト教徒であり、歴史上初めてノーベル賞を拒否したフランスの実存主義の哲学者ジャン=ポール・サルトルの親戚でもあった事から神学思想と差別的思想を持っていたとされています。彼は、人類皆兄弟を前面に平和活動を行っていましたが、前述した様に黒人が弟と言う白人優位主義が根底にあり、アルザス・ロレーヌ地方出身のマイノリティでありながら人種差別主義者としても有名な人物でした。その為、彼が材木市場を運営したら帝国主義時代や植民地時代の様に白人の兄が黒人の弟から可能な限り搾取する不公平取引が行われると考えられ、実際に生前彼がアフリカで行っていたキリスト教の布教活動及び平和活動の一環とされる医療活動はかなり評判が悪かったのが現実です。日本国内では、世界初の原爆被害の惨さをアメリカ国内にいち早く知らせた人物である事から尊敬すべき偉人となっていますが、親戚でもあるジャン=ポール・サルトルがノーベル文学賞を拒否している一方でノーベル平和賞を受賞している点でも日本とアフリカでは評価に大きな差があります。また、シュバイツァーは医師としてアフリカの人々の病気を治療したとされる尊敬される偉人ですが、医師を目指したのが30歳で医師免許を取得したのが37歳とかなり遅めです。30歳前のシュバイツアーは、子供の頃から貧富の差に起因する社会の不条理に疑問を持ちつつも30歳まで自分がやりたい学問や趣味に勤しんだ人物であり、30歳前のシュバイツアーが木材市場を運営していたら自分の学問や趣味を行う為の資金調達を目的に相場を操っていたかもしれません。シュバイツアーは、年をとった事で丸くなり人種差別をしなくなったのかもしれませんが、30歳前ならば黄色人種の日本人には天然ガスと同様にジャパンプレミアプライスで木材を売っていた可能性が高い人物です。