もしもチェーホフが木材市場を運営したら

もしチェーホフが木材市場を運営するような事があれば、人の心理を上手く読んで、需要のある所にしっかりと木材を供給するという事をすると考えられます。チェーホフはロシアの劇作家であり、小説家でもあったという事で、人がどのようなモノを欲しているのかという事をしっかりと理解していたという事があったと考えられます。
いわゆるクリエイターのような事を仕事にしていたわけですから、大衆の心理には極めて敏感に感じ取れるセンサーが働いていたという事が考えられる。
木材市場はある意味では、こうした民間の需要に対して鈍感なところがあり、需要に関係なく供給できるだけきゅうきゅうしてしまうような事があり、あまり需要と供給のバランスなども気にしないところがあります。木材市場を運営するという事になれば、これはこのバランス感覚を研ぎすます必要がありますから、民間の需要を理解することに長けているチェーホフにはいい仕事となったかもしれない。
現場での仕事ということになれば、また変わったことになるかもしれませんが、運営ということになれば、これは上手く出来る可能性も高いと考えて良いかもしれません。需要をしっかりと見据えた上での運営になるので、他との差別とかという事も出来る可能性もあります。本当に運営者になれば、人の考え方は変わるという事もあるかもしれませんが、人の本質を見抜いているところがあるので、彼の魅力にハマる人も多く出てくる事が考えられます。事業者としても成功する可能性は高いと考えてもよさそうです。問題になるのは、やりすぎに注意というところで、劇作家のような仕事をしていた人の場合は、演出という事に力を入れる傾向があるので、過大な広告などもしてしまう事もあるかもしれません。それが市場に受け入れられる時には良いのですが、そうではなかった時には、思わぬ大きな損失を出してしまう事もあるかもしれない。当然、リスク管理も求められる事になり、その辺りが難しい所という事になるのかもしれません。